AcademyIDAJ数値解析アカデミー

電子機器の温度測定とCAEのモデル化 温度測定編(1日間)

温度測定誤差の把握と基板・部品のモデル化

熱流体解析ソフトを導入したものの、「解析と実測の結果が合わない」という話をよく耳にしますが、解析にも温度測定にも誤差があるため、その原因は多岐にわたります。本コースでは、実測と解析それぞれに付きまとう測定誤差の原因について解説します。 さらに、参加者ご自身で実測をおこない、Simcenter Flothermの解析結果と比較していただいた上で、実測や解析を実施する際の注意点等についてご説明します。

プログラム・講演内容(予定)

※スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。何卒ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

午前 1.温度測定方法の基礎
2.ヒータの温度測定(実習)
  ・セラミックヒータの温度測定
  ・熱電対の取り付け方法による違いの比較
  ・熱電対、サーモビューアによる温度測定の注意点
午後   ・解析モデルとの比較
  ・解析モデル作成における注意事項
3.基板モデルの温度測定(実習)
  ・最適な解析モデルの予想
  ・基板の温度測定
  ・解析モデルとの比較
  ・電子部品.基板のモデリングについて
  ・製品のばらつきについて

配布資料

テキスト1冊
※テキストはご参加いただいた方へお配りしております。テキストのみの送付は行っておりませんので予めご了承ください。

ご受講にあたって

キャンセル
規定
本講習会開催日から2営業日前まで:無料、それ以降は受講料の100%をキャンセル料として請求させていただきます。※土日祝日、弊社指定休業日は営業日に含みません。
請求規定
  • 講習会当日に「参加確認書」にご署名いただき、講習会終了後にご受講料を請求させていただきます。ご請求書は講習会ご受講後、2週間ほどで郵送されます。また、2日間の講習会で、お客様のご都合によって1日分をご欠席された場合も2日分の受講料を請求させていただきます。
  • 請求先情報(請求書に記載する宛名)には、現在ご所属の企業名、団体名等のものをご記入ください。請求先情報とは別の送付先をご希望の場合は、ご請求先情報入力フォームの「備考(ご請求に関するご質問・ご要望)」に郵便番号、ご住所、お名前、お電話をご記入ください。

開催概要

開催時間 10:00~17:30(予定) ※受付開始9:45~
参加対象 電子機器の熱設計や熱流体解析、温度測定をされている方
実測と解析の差を少なくしたいと考えている方

※一部ソフトウェアベンダー様、ハードウェアベンダー様はご参加をお断りさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
受講料
(消費税別)
¥80,000
その他 お申込が2名様以下の場合は、講習会を中止させていただくことがございます。

icon mailお問い合わせ先

IDAJ数値解析アカデミー事務局(トレーニング講座)
株式会社 IDAJ 営業部 idaj-training@idaj.co.jp
横浜本社 TEL: 045-683-1980 FAX: 045-683-1999
中部支社 TEL: 052-569-2581 FAX: 052-569-2582
関西支社 TEL: 078-389-5470 FAX: 078-389-5472
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求