コンサルティング Consulting

物理モデル・計算コード開発

解析技術者の方のために、必要な最新物理モデルの既存ソフトウェアへの組み込みカスタマイズ、計算コード開発を行います。
問題に応じてIDAJ技術者より物理モデルをご提案します。
ユーザーサブルーチンレベルからソースコードの改良まで実施します。


納品物:ご要望に応じて下記のデータを納品

解析報告書一式

  • 解析手法概要、考察
  • 検証結果

解析入出力データ

解析手順書

解析モジュール(サブルーチンまたはライブラリ提供)

実施例:ガソリンエンジン火炎伝播型燃焼モデル開発

問題点

  • これまでのCFDツール標準装備のSI燃焼モデルでは以下が問題
    • 均質予混合燃焼にのみ対応
    • 直噴エンジンには対応できない

解決策

  • CFMモデルを開発
    • 直噴エンジン(成層燃焼)に対応させるため、モデルをCFDツールに組込み


実施例:ディーゼルエンジン噴霧・壁面衝突モデル開発

問題点

  • ディーゼルエンジン内の噴霧挙動予測精度をより向上させることが必要

解決策

  • ラグランジェ2相流の以下に関する物理モデルに改良を加えCFDツールに実装
    • 初期微粒化モデル
    • 分裂モデル
    • 壁面衝突モデル

結果

  • 噴霧到達距離の比較
    • CFDツール標準(Reitz-Diwaker)に対し、新モデルでは実験結果と良好に一致
  • 壁面衝突挙動の比較(衝突角度=0°、10°、30°)
    • 噴霧挙動が実験結果と良好に一致


その他の実施例

エンジン噴霧モデル開発

ごみ焼却炉燃焼モデル開発

燃料電池スタック解析モデル開発

触媒モデル組み込み

燃焼モデル組み込み   など