「CONVERGE Conference Day」大盛況のうちに終了いたしました!
ご講演者様、ご参加者様のご協力のおかげをもちまして、大盛況のうちに終了いたしましたことをご報告申し上げます。
社員一同心より感謝申し上げます。

年々厳しさを増す環境規制の強化を背景として、いま世界の自動車開発の大きな流れは、xEVへとシフトしています。しかしながら、走行時にはCO2を排出しないEVでも、Well-to-Wheelの観点から見た場合、特に石炭火力発電に大きく依存した地域では、発電時を含めたトータルではCO2を排出していることになり、環境保護の問題解決には大きく寄与していないという指摘もあります。このため、xEVの開発を進める一方で、従来の内燃機関の熱効率向上や排出ガスのクリーン化に対するニーズは、引き続き重要な開発要素として注目されています。

熱流体解析プログラムCONVERGEは、その優れた操作性や高速な詳細化学反応ソルバー、解適合格子をはじめとする精度と効率性を両立するグリッドコントロールなどの優れた特徴により、販売開始以来多くのお客様にご利用いただいています。今年のカンファレンスでも、CONVERGEを用いてエンジンの高効率化や低エミッション化など、より優れた内燃機関開発につながる多くの解析事例をご紹介いただく予定です。  

基調講演としては、SKYACTIV ENGINEの開発で大変重要な役割を果たされたマツダ 人見常務から、今後のエンジン技術開発やMBD開発技術の重要性についてご講演をいただきます。日産自動車様からは、乱流強度に加えて予混合火炎代表スケールによる燃焼期間の予測手法技術、本田技術研究所様からは直噴インジェクタの各噴孔からの燃料蒸気の影響評価手法技術についてご紹介をいただきます。どちらのご講演でも、直接燃焼解析をおこなうのではなく、流動や燃料噴霧の改善により燃焼改善を予測する、大変興味深い数値解析手法をご紹介いただく予定です。また、ダイハツ工業様からはガソリンエンジンの燃焼解析を実施するに当たり、CONVERGEの燃焼解析を自動化された設計手法をご紹介いただきます。
新エイシーイー様からは、ディーゼルエンジンの画期的な熱効率向上を狙ったマルチインジェクタによる燃焼技術に関してご講演いただく予定です。また、京都大学様からはディーゼル燃料の着火・燃焼に着目した数値モデルを、サステナブル・エンジン・リサーチセンター様からはCONVERGEをガスエンジン燃焼に適用された事例をご紹介いただきます。

これまでCONVERGEは、主に内燃機関内のシミュレーションに適用されることがほとんどでしたが、CONVERGEの自動メッシュ機能や構造流体連成機能(FSI: Fluid Structure Interaction)によって、エンジンだけでなく、ポンプやバルブ、ファンなどの回転体などに適用される例がますます増えてきました。CONVERGE開発元からは、CONVERGEをポンプやバルブなどの非エンジン分野に適用した事例とともに、本年にリリースを予定しているCONVERGEの最新バージョン3.0についてもご紹介いただきます。

2013年にCONVERGEを販売開始した当初のカンファレンスでは、まだまだCONVERGEをご利用いただいているお客様も少なく、ユーザー様事例が1件だけという状況でしたが、昨年に引き続き今回もお客様の多大なるご協力のおかげをもちまして、多くの活用事例をご紹介させていただくことができます。お忙しい中、ご講演のご準備してくださったご講演者様には改めて御礼申し上げます。
ご参加者様には、必ずや貴重な情報交換の場となるかと思いますので、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

解析技術1部 取締役副社長 石川 正俊

開催概要

日時 2018年11月8日(木) 10:00~17:50(予定) 受付 9:30~
会場 横浜ベイホテル東急 B2F クイーンズ グランド ボールルーム
MAP  Googleマップで見る

〒220-8543 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7
  • みなとみらい線: 「みなとみらい駅」から徒歩約1分
  • JR京浜東北線/根岸線・横浜市営地下鉄: 「桜木町駅」から徒歩約10分
対象者 製造業のお客様で、弊社提供の「CONVERGE」やその他プロダクト、受託解析サービスをご利用のお客様、ご検討中のお客様、デジタルエンジニアリングやCAEにご興味のあるお客様ならどなたでもご参加いただけます。
※一部ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダー様はご参加をご遠慮いただきます。
また、その他弊社都合にてご参加をお断りする場合がございます。
誠に恐縮ではございますが、参加登録の状況によりましては、導入計画をお持ちの企業様を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
参加費 無料・事前登録制
参加登録
  • ご参加の方には、開催1週間前を目途に別途E-mailで「参加票」をお送りします。各カンファレンスにご参加の際には、「参加票」とお名刺2枚をお持ちください。
  • 11/6(火)までに、参加票がお手元に届かない場合は、お手数ですが以下の事務局までご一報くださいますようお願いいたします。ご登録状況を確認いたします。
  • 11/1(木)以降にお申し込みをいただいた場合は、受理案内と参加票を同日にお送りします。
資料 配布のご許可をいただいた資料のみ、お申込者様専用ページ内から配布いたします。
「お申込者様専用ページ」公開後、ID・パスワードをE-mailにてお送りします。
冊子・CD-ROMでは配布いたしませんので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
当該Webサイトが利用できないなどのご事情がある場合は、事務局までご一報ください。
展示内容
  • CONVERGE等ソフトウェアのデモンストレーション、技術相談 他
  • 協賛展示(予定)
    株式会社 日本HP 様
※上記は予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
その他
  • ご昼食にお弁当をご準備しております。お席にてお召し上がりください。
  • 英語のご発表では、遂次通訳を実施いたします。
  • 弊社もしくはご講演者様の事前の許可なく、ご講演会場内での写真撮影、VTR撮影、録音はご遠慮願います。
    (弊社は、記録等のため、講演会場内をはじめ、カンファレンス会場内にて適宜、写真撮影を実施いたします。)
  • PCをご利用いただく場合、各会場に電源設備、無線LAN接続環境はございませんのであらかじめご了承ください。
▼お問い合わせ先: 株式会社 IDAJ 
IDAJ CAE Solution Conference 事務局
〒220-8137 横浜市西区みなとみらい2-2-1-1 横浜ランドマークタワー37F
TEL: 045-683-1435  FAX: 045-683-1999  E-mail: ICSC@idaj.co.jp
資料請求はこちら

プログラム

*それぞれのご講演の後に質疑応答の時間を設けております。(約5分~10分)
*プログラムは予告なく中止・変更となる場合がございます。

2018.10.09 ダイハツ工業 株式会社様のご講演タイトルを変更いたしました。(ご講演内容に変更はございません。)
2018.09.28 株式会社デンソー様のご講演はキャンセルとなりました。

タイトル 講演者
10:00-10:05 開会のご挨拶 IDAJ
10:05-11:05 【基調講演】
ものづくりにおける選択と集中 ~CAEを活用したモデルベース開発の可能性~

(GT-SUITEカンファレンス会場でのご講演を中継します。)
タイトル 【基調講演】
ものづくりにおける選択と集中 ~CAEを活用したモデルベース開発の可能性~
(GT-SUITEカンファレンス会場でのご講演を中継します。)
講演者 マツダ 株式会社 技術研究所 統合制御システム開発担当 常務執行役員 人見 光夫 様
時間 11月8日(木) 10:05-11:05
概要 2000年代初頭、わずかしかいないエンジン先行開発部門で実施した選択と集中 “多くの課題に対応できる本質的な施策を探し出してそこに集中する=ボーリングの一番ピン” という考え方に則り実施したCAE能力強化とその効果について紹介し、さらに内燃機関を重視することが環境にとっても社会的コスト面でも重要であるという解説を加える。今後の開発面での最重要課題はモデルベース開発(MBD)ととらえておりその考え方と実績を説明し日本にとっても一番ピンになるよう提案する。

<プロフィール>
1979年東京大学 大学院 航空工学科 修士課程卒。同年4月マツダ株式会社に入社。
1994年まで技術研究所、その後パワートレイン開発本部にて、世界一の高圧縮比ガソリンエンジン(SKYACTIV-G)、世界一の低圧縮比ディーゼルエンジン(SKYACTIV-D)開発のリーダーとして商品化させた。
2011年執行役員、2014年4月から常務執行役員、現在に至る。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 サポート対応の充実、技術力
マツダ 株式会社
常務執行役員 人見 光夫 様
11:05-11:35 乱流と予混合火炎の代表スケールに基づく流動設計手法
タイトル 乱流と予混合火炎の代表スケールに基づく流動設計手法
講演者 日産自動車 株式会社 様
時間 11月8日(木) 11:05-11:35
概要 熱効率向上技術のひとつとして高EGR燃焼技術の開発が行われているが、EGR導入時の燃焼期間予測には乱流強度が用いられることが多い。しかし、乱流強度だけではエンジン仕様や運転条件の違いまでは表現できない。そこで、予混合火炎の代表スケールを考慮することで、エンジン仕様や運転条件に因らず、同一指標で流動設計を実施することが可能となった。
上記事例を含め、当社におけるアライアンス開発プロセスおよびガソリンエンジンにおける燃焼システム設計プロセスを紹介する。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 ソフトの使いやすさ
日産自動車 株式会社 様
11:35-12:05 ディーゼル噴霧燃焼におけるCFDモデル
タイトル ディーゼル噴霧燃焼におけるCFDモデル
講演者 国立大学法人 京都大学 様
時間 11月8日(木) 11:35-12:05
概要 ディーゼルエンジンにおける燃焼過程は物理的・化学的にも極めて複雑であり、CFDによる数値解析において多様なモデルを用いる必要がある。本講演では、それら各過程におけるモデルを紹介するとともに、特に着火・燃焼に焦点を絞って解説・展望を述べる。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 CONVERGEにおいてはメッシュ作成にかかる労力を低減できる点
国立大学法人 京都大学 様
12:05-13:10 昼食
★お弁当をご準備いたします。
13:10-13:55 CONVERGE CFD for non-ICE applications
(逐次通訳をいたします)
タイトル CONVERGE CFD for non-ICE applications
(逐次通訳をいたします)
講演者 Convergent Science 社 様
時間 11月8日(木) 13:10-13:55
概要 Convergent Science specializes in modeling fluid flow, conjugate heat transfer, spray and combustion using our CONVERGE CFD software.  CONVERGE automatically generates a mesh at runtime, this eliminating all user meshing time even for moving boundary problems.  CONVERGE is widely used to simulate the flow, spray and combustion found within IC engines.  However, the benefits of CONVERGE CFD in terms of both accuracy and speed translate to applications including gas turbine combustors, after-treatment systems, pumps, valves, fuel tanks and compressors.
In this presentation, an overview of CONVERGE capabilities and validation cases will be outlined for a broad set of application areas.

Use CONVERGE and never make a mesh again.
Convergent Science 社 様
13:55-14:25 CONVERGEによる筒内噴孔別蒸気分布解析を用いた直噴インジェクタの開発事例
タイトル CONVERGEによる筒内噴孔別蒸気分布解析を用いた直噴インジェクタの開発事例
講演者 株式会社 本田技術研究所 様
時間 11月8日(木) 13:55-14:25
概要 直噴ガソリンエンジンの各種性能向上に対しては混合気形成の細やかな制御に対する要求が高まっている。
従来までのエンジン筒内CFDではインジェクタの各噴孔から噴射された液滴挙動を追跡することは可能であったが、蒸発後の燃料蒸気を各噴孔毎に追跡することが出来なかった。
本発表ではCONVERGEにインジェクタの各噴孔毎の燃料蒸気を追跡する機能を実装し、噴孔毎の蒸気分布解析を用いた直噴インジェクタの開発事例を紹介する。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 AMR等の自動メッシング機能による計算ロバストの高さ
UDFによるユーザー拡張性の高さ(IDAJ様のサポートを含め)
株式会社 本田技術研究所 様
14:25-14:55 画像相関法を用いた噴霧モデル定数の定量的合わせ込み方法のご提案
タイトル 画像相関法を用いた噴霧モデル定数の定量的合わせ込み方法のご提案
講演者 IDAJ
時間 11月8日(木) 14:25-14:55
概要 内燃機関では燃料噴霧が流動と燃焼に有意な影響を与えることが知られており、CFDにおいても計測結果に基づく噴霧モデル定数の調整が必要となります。従来は、粒径計測結果や噴霧重心計測結果などの定量的な指標、噴霧画像、計算パーセル画像の定性的な比較の3項目を組み合わせて噴霧モデル定数の調整をすることがほとんどで、噴霧形状の実測とCFDとを定量的に比較する手法は確立されていませんでした。そこで、噴霧形状を定量的に比較する手法を構築しましたのでご報告します。
本手法では、CFDによって得られたパーセル情報を、事前に得られた実験系のキャリブレーション結果を用いて像座標系へと投影します。このプロセスで作成される投影パーセル画像は、計測によって取得される噴霧画像とpixelオーダーで一致しています。また、作成された投影パーセル画像と計測噴霧画像との直接相互相関係数を算出し、噴霧形状について定量的に比較することができ、また投影パーセル画像の輝度には、実測時の散乱光強度と同等の重み付けをすることで、噴霧の濃淡を表現することにも成功しました。
IDAJ
14:55-15:25 CONVERGE燃焼解析自動化設計手法
タイトル CONVERGE燃焼解析自動化設計手法
講演者 ダイハツ工業 株式会社 様
時間 11月8日(木) 14:55-15:25
概要 「設計者にも使いやすい3D燃焼解析」を目指し、CONVERGE燃焼解析の自動化を推進している。
自動化にあたっては、可能な限り平易な手順で 1) 正しい入力ファイルを準備し、2) 正しい条件を設定し、3) 結果を正しく解読できることを重視している。しかし火花点火ガソリンエンジンにおける圧縮端筒内圧および筒内充填質量の同定プロセスでは、複数の予備計算結果を解析したうえで補正量を決定し、多くの入力ファイルを書き替える必要があり、準備に要する操作が多い。これが 2)を実現するうえで大きな課題となっていた。また補正量のミスや設定値の更新漏れは、GUI(CONVERGE Studio)でもエラーとならないため、本計算の結果を解析するまで発覚しないことも多かった。この補正量を決定するプロセスには、解析担当者の判断が必要であり、稼働率が上がらないという問題もあった。
本講演では、Excel、Pythonを活用した自動化により、これらの問題を解決した事例を報告する。 
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 メッシュ設定が簡便であること
入力ファイルがテキストベースで自動化に適していること
設計者目線で使いやすいGUI
ダイハツ工業 株式会社 様
15:25-15:55 休憩
15:55-16:25 CONVERGEを用いた副室式ガスエンジンの燃焼解析
タイトル CONVERGEを用いた副室式ガスエンジンの燃焼解析
講演者 株式会社 サステナブル・エンジン・リサーチセンター 様
時間 11月8日(木) 15:55-16:25
概要 コージェネレーション用ガスエンジンシステムは、ガスエンジンにより直接発電し、更に廃熱回収を行うことで、総合効率を高めるエネルギーシステムである。近年は、特に直接発電に直結しているガスエンジン自身の更なる熱効率向上/CO2削減および最大出力の向上が求められている。 弊社では、平成25~27年度に環境省のプロジェクトにおいて、実験・シミュレーションを活用し、更なる高効率、高出力な副室式ガスエンジンの技術開発に取り組んだ(副室式エンジンは現在ガスエンジンの主流)。特にシミュレーションでは、CONVERGEを用いて筒内の燃焼解析を行い、熱効率向上につながる条件に関して評価検証を行った。本講演では、CONVERGEによるこれら取り組みを中心に紹介する。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 内燃機関の燃焼シミュレーションの設定が容易
計算格子の生成に関わる工数が非常に短い
株式会社 サステナブル・エンジン・リサーチセンター 様
16:25-16:55 大型ディーゼルエンジンの画期的熱効率改善に向けた新たなマルチインジェクタ燃焼コンセプトの研究
タイトル 大型ディーゼルエンジンの画期的熱効率改善に向けた新たなマルチインジェクタ燃焼コンセプトの研究
講演者 株式会社 新エイシーイー 様
時間 11月8日(木) 16:25-16:55
概要 近い将来に予測される電動車両との共存・共栄を図っていく上でも、自動車用エンジンは熱効率(燃費)の画期的な改善こそが、今まさに急務である。とりわけ物流の要である商用車、更には建機、農機等にほぼ100%採用されているディーゼルエンジンは元来高い熱効率を有しているが、今後も新興国を中心とした需要の増大が見込まれており(世界の輸送用エネルギー消費で今後最も伸び率が高くなるという予測が報告されている)、更にエンジン単体としての性能を改善する革新的な技術の早期実現が求められている。
近年、国内外で進んでいるエンジンの熱効率の改善を目指したプロジェクトでは、機械損失の徹底的な低減や、過給機効率の改善やEGR経路の見直し等による吸排気損失の低減、更には新たに廃熱回生システムの追加によるシステムとしての正味仕事の増加といった各要素技術の改良が進められてきているが、何れも既存の燃焼系が持つ制約の中での最適化の範疇に留まり、ディーゼル燃焼現象の基礎そのものに立ち返った革新的な新技術の提案は未だ多くない。本講演では、世界最高水準の正味熱効率55%(エンジン単体での)実現を目標として我々が推進してきた、エネルギー総損失の低減と熱力学的効率改善の両立を狙い1つのシリンダに複数の燃料噴射弁を取り付けた燃焼系による研究から最近の成果について紹介する。
■CONVERGE他弊社取扱いソフトウェアについて
弊社取り扱いプロダクトを気に入っていただいている点 初心者でも比較的馴染みやすいインターフェース
多くの国内外のユーザが利用しているという信頼感
株式会社 新エイシーイー 様
16:55-17:40 CONVERGE v3: New Features and Benefits
(逐次通訳をいたします)
タイトル CONVERGE v3: New Features and Benefits
(逐次通訳をいたします)
講演者 Convergent Science 社 様
時間 11月8日(木) 16:55-17:40
概要 Convergent Science specializes in modeling fluid flow, conjugate heat transfer, spray and combustion using our CONVERGE CFD software.  CONVERGE automatically generates a mesh at runtime, thus eliminating all user meshing time even for moving boundary problems.  CONVERGE is widely used to simulate the flow, spray and combustion found within IC engines and gas turbines, as well as other applications such as after-treatment systems, pumps, valves and compressors.
CONVERGE version 3 will soon be available and offers dramatic improvements in robustness, parallel scaling, and memory reduction over previous versions. These scaling improvements will allow CONVERGE to more effectively solve larger problems, and will also allow for faster turnaround times on more conventional problems.  In this presentation, an overview of the improved capabilities of CONVERGE v3 will be presented and the associated benefits to the end user outlined.

Use CONVERGE and never make a mesh again.
Convergent Science 社 様
17:40-17:50 閉会のご挨拶 IDAJ
資料請求はこちら
page top page top