IDAJ CAE Solution Conference 2013 | iconCFD Conference Day 2013年11月8日(金)

「iconCFD Conference Day」大盛況のうちに終了いたしました!
ご講演者様、ご参加者様のご協力のおかげをもちまして、大盛況のうちに終了いたしましたことをご報告申し上げます。
社員一同心より感謝申し上げます。

ココがミドコロ!

オープンソースCFDの代表的なツールである「OpenFOAM®」は、その登場以来、着実に機能やポテンシャルを高めてきました。しかしながら、使い勝手や計算の安定性に関する課題などから、産業界の実業務に対する適用はごく一部の専任者により試行されている状況が続いていました。

オープンソースベース汎用CFDソフトウェア「iconCFD」(旧「ICON FOAMpro」)は、ICON社が2009年に初めてフォルクスワーゲングループとともに実車の空力システムを開発して以来、欧米を中心に産業界への適用が進んできました。日本では今年3月より弊社が販売・開発・技術サポートを開始し、トヨタ自動車様、日産自動車様、デンソー様をはじめとする自動車業界だけでなく、ダイキン工業様ほか自動車業界以外の産業界のお客様にも着実に広まりつつある状況です。

今回が、この「iconCFD」、初めてのカンファレンスになります!

まず、基調講演としてAUDI社様より、空力ならびに空力騒音のテーマに対してiconCFDを適用した実例をご紹介いただきます。 先ほど触れたように同社はフォルクスワーゲングループの一員として、2006年という非常に早い段階からオープンソースCFDを積極的に空力設計の分野に適用されています。具体的にどのような形でiconCFDを活用されているのか、ここでは大変興味深いお話聞けるものと期待しています。
続いて、弊社とともにiconCFDを開発しているICON社より、iconCFDの次期バージョンである3.0の開発状況についてご紹介します。iconCFDはこの3.0より、CoreやVOFなどをモジュール化し、GUIやメッシュ生成機能など多くの機能拡張を予定しています。

さらに、デンソー様、ダイキン工業様、トヨタ自動車様および日産自動車様より、導入の経緯や、適用事例についてご紹介いただきます。まだまだ産業界への適用が広がっているとは言えない状況のなかで、早くからオープンソースCFDの社内展開に着手されたユーザー様の実例は、これからオープンソースCFDの活用をお考えのお客様にとって大変参考になる内容になるかと思います。

弊社からは、iconCFD用に設計・開発を進めているプリポストプロセッサー「Ennova」と、オープンソースCFDの使い勝手を劇的に向上させるポテンシャルのあるiconCFDユーザインターフェース開発についてご紹介します。

オープンソースCFDの産業界への適用ははじまったばかりで、正直なところ、弊社としても手探りの状態でビジネス展開を模索しているところです。しかし、オープンソースCFDのポテンシャルは我々の想像をはるかに超えるものがあると確信しており、この事業を推進することで少しでもお客様のお役に立ちたいと考えております。今回のカンファレンスも、弊社にとっては大きなチャレンジとなりましたが、欧米や国内のお客様から先行適用事例をご紹介いただくことを通じて、少しでも有益な情報をご提供させていただきたく企画・準備いたしました。

皆様のご来場を、心よりお待ちし申し上げております。


解析技術事業部 取締役事業部長 石川 正俊

開催概要

日時 2013年11月8日(金) 10:00~17:10(予定) 受付 9:30~
会場 横浜ベイホテル東急 B2F クイーンズ グランド ボールルーム
MAP  Googleマップで見る

〒220-8543 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7
・みなとみらい線: 「みなとみらい駅」から徒歩約1分
・JR京浜東北線/根岸線・横浜市営地下鉄: 「桜木町駅」から徒歩約10分
対象者 製造業のお客様で、弊社提供の「iconCFD」やその他プロダクト、受託解析サービスをご利用のお客様、ご検討中のお客様、デジタルエンジニアリングやCAEにご興味のあるお客様ならどなたでもご参加いただけます。
※一部ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダー様はご参加をご遠慮いただきます。
また、その他弊社都合にてご参加をお断りする場合がございます。
誠に恐縮ではございますが、参加登録の状況によりましては、導入計画をお持ちの企業様を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
参加費 無料・事前登録制
参加登録 ・お申込み内容確認後、弊社より受理案内をE-mailでお送りします。
・カンファレンスの参加票は、開催1週間前を目途にE-mailでお送りします。カンファレンス当日は、参加票とお名刺2枚をお持ちください。
11/5(火)までに、参加票がお手元に届かない場合は、お手数ですが以下の事務局までご一報くださいますようお願いいたします。ご登録状況を確認させていただきます。
・11/1(金)以降にお申し込みをいただいた場合は、受理案内と参加票を同日にお送りします。
資料 お申込者様専用ページ内から配布いたします。
「お申込者様専用ページ」公開後、お申込みのカンファレンスごとにID・パスワードをE-mailにてお送りします。
冊子・CD-ROMでは配布いたしませんので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
当該Webサイトが利用できないなどのご事情がある場合は、事務局までご一報ください。
展示内容 ・iconCFD等ソフトウェアのデモンストレーション、技術相談 他
・協賛展示(予定)
 神戸HPCクラスター/FOCUS 様
 富士通 株式会社 様
※上記は予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
その他 ・お弁当をご準備しております。お席にてお召し上がりください。
・英語のご発表では、遂次通訳を実施いたします。
・弊社もしくはご講演者様の事前の許可なく、ご講演会場内での写真撮影、VTR撮影、録音はご遠慮願います。
  (弊社は、記録等のため、講演会場内をはじめ、カンファレンス会場内にて適宜、写真撮影を実施いたします。)
・PCをご利用いただく場合、各会場に電源設備、無線LAN接続環境はございませんのであらかじめご了承ください。

▼お問い合わせ先: 株式会社 IDAJ 
IDAJ CAE Solution Conference 事務局
〒220-8137 横浜市西区みなとみらい2-2-1-1 横浜ランドマークタワー37F
TEL: 045-683-1435  FAX: 045-683-1999  E-mail: ICSC@idaj.co.jp
資料請求はこちら

プログラム

*それぞれのご講演の後に質疑応答の時間を設けております。(約5分~10分)
*プログラムは予告なく中止・変更となる場合がございます。

  タイトル 講演者
10:00-10:05 開会のご挨拶 IDAJ
10:05-11:05 Vehicle Aerodynamics and Aeroacoustics Development Using Open-Source CFD
(逐次通訳をいたします)
タイトル Vehicle Aerodynamics and Aeroacoustics Development Using Open-Source CFD(逐次通訳をいたします)
講演者 Dr. Moni Islam
Audi AG
Department of Aerodynamics / Aeroacoustics Development
時間 11月8日(金) 10:05-11:05
概要 Increasingly challenging targets for both vehicle aerodynamics and aeroacoustics necessitate the use of the most advanced development tools. The vehicle development process for both these disciplines at Audi provides for the concurrent and integrated use of both experimental and numerical techniques to reach these targets. In this presentation, we present a brief overview of this process and the tools used. We then focus in particular on the CFD process, in which an OpenFOAM-based simulation package has been applied in the vehicle-development process since 2009. A number of examples of results obtained in this process are shown, as well as examples of topics currently undergoing methods development for future productive application. Finally we discuss in more general terms a number of the salient issues involved in applying open-source CFD to productive use in the industrial development environment.
より詳細な概要はこちらをご覧ください。
Please kindly see this pdf file about the lecture.
Dr Moni Islam Head of Aerodynamics / Aeroacoustics Development
Dr. Moni Islam
Audi AG
Department of Aerodynamics /
Aeroacoustics Development
11:05-12:00 iconCFD 3.0 – A Modular Approach to Supporting Business with Open Source CFD
(逐次通訳をいたします)
タイトル iconCFD 3.0 – A Modular Approach to Supporting Business with Open Source CFD(逐次通訳をいたします)
講演者 Icon Technology & Process Consulting 社 様
時間 11月8日(金) 11:05-12:00
概要 In its infancy, Open Source CFD software had been cited as costly to integrate in a production environment due to lack of necessary features, documentation, support, robustness and ease of use. The success of ICON FOAMpro, ICON's first CFD process which focused solely on industrial usage was partly owed to OpenFOAM® which has dominated the field of open source CFD as a powerful and versatile library. A careful analysis of customer requirements assembled from more than 20 years experience working with industry has allowed ICON to release a simplified, modular, comprehensively documented and robust OpenFOAM®-based CFD process named iconCFD®. This presentation will describe both the open and closed source modules that comprise the iconCFD 3.0 release. These modules build upon the lessons learned in the past while also allowing the many benefits such as reduced costs, increased productivity, and transparency to remain fully exploited by end users. To illustrate the process, industrial application examples will be presented to demonstrate the capabilities.

OpenFOAM® is a registered trade mark of ESI Group. None of the offerings described in this presentation are approved or endorsed by ESI Group or OpenCFD Ltd.
Icon Technology & Process Consulting 社 様
12:00-13:00 昼食
★お弁当をご準備いたします。
  <Lunch Time Presentation> 12:10-12:30
iconCFD用プリポストプロセッサー「Ennova」のご紹介
タイトル <Lunch Time Presentation>
iconCFD用プリポストプロセッサー「Ennova」のご紹介
講演者 IDAJ
時間 11月8日(金) 12:10-12:30
概要 現在弊社で開発中のiconCFD用プリポストプロセッサーのEnnovaは、CAD形状の読込から修正、メッシュパラメータや解析パラメータの設定など全てのプリ処理だけでなく、iconCFDの計算結果のポスト処理も可能な統合プリポストプロセッサーです。
本講演では、このEnnovaの最新情報をご説明するとともに、デモンストレーションを通じてEnnovaの一連の処理の流れをご紹介します。
IDAJ
13:00-14:00 iconCFDを活用したデンソー内CFD解析推進
タイトル iconCFDを活用したデンソー内CFD解析推進
講演者 株式会社 デンソー 様
時間 11月8日(金) 13:00-14:00
概要 弊社では、STAR-CD、STAR-CCM+を基幹CFDソフトウエアとして社内で活用してきた。
しかし近年、製品開発のグローバル化が進んできている中、
・国内で実施している解析が海外拠点でもできること
・解析精度向上のため大規模計算が短時間でできること
・汎用ソフトウエアに備わっていない機能を、独自に開発し自社特有の解析ができること
上記3点に着目し、OpenFOAMの活用を推進してきた。その取り組みの考え方について事例を通して提示する。
株式会社 デンソー 様
14:00-14:30 オープンソース・ソフトウェアへの移行と機器開発でのシミュレーションの高度化
タイトル オープンソース・ソフトウェアへの移行と機器開発でのシミュレーションの高度化
講演者 ダイキン工業 株式会社 様
時間 11月8日(金) 14:00-14:30
概要 熱流体解析に関連する業務は商用ソフトウェアを用いて行っている。近年、ライセンス費用が高騰するとともに、ソフトウェアのアルゴリズムやスキームがブラックボックス化される傾向がある。そのため、オープンソース・ソフトウェア(iconCFD)で業務を代替出来るよう移行を進めている。本発表では、室内機の機内流れ解析での業務移行と、最適化ソフトウェアを併用した機器開発での適用事例について報告する。
ダイキン工業 株式会社 様
14:30-15:00 休憩
15:00-15:30 ハイブリッド技術によるレースへの挑戦
~TS030 HYBRIDでの世界耐久選手権レース参戦~
タイトル ハイブリッド技術によるレースへの挑戦 ~TS030 HYBRIDでの世界耐久選手権レース参戦~
講演者 トヨタ自動車 株式会社 様
時間 11月8日(金) 15:00-15:30
概要
トヨタ自動車 株式会社 様
15:30-16:00 日産自動車における大規模流体計算の現状と今後
~ オープンソースベースCFDソフトウェアへの期待
タイトル 日産自動車における大規模流体計算の現状と今後
~ オープンソースベースCFDソフトウェアへの期待
講演者 日産自動車 株式会社 様
時間 11月8日(金) 15:30-16:00
概要  
日産自動車 株式会社 様
16:00-16:30 iconCFDによる非定常ブロアファン騒音解析
タイトル iconCFDによる非定常ブロアファン騒音解析
講演者 IDAJ
時間 11月8日(金) 16:00-16:30
概要 ブロアーファンの回転を伴う非定常騒音解析をiconCFDを用いて行い実施し、圧力流量特性(PQ特性)および1/3オクターブバンドの結果を実測値と比較しました。
本講演では、解析結果の妥当性の検証についてご説明します。
IDAJ
16:30-17:00 iconCFD用ユーザーインターフェースのご紹介
タイトル iconCFD用ユーザーインターフェースのご紹介
講演者 IDAJ
時間 11月8日(金) 16:30-17:00
概要 オープンソースCFDのメリットを最大限に活かすため、弊社では専用のインターフェース開発をおすすめしています。
専用のインターフェースをご利用いただくメリットは、主に以下の通りです。
・業務の効率化
・設計者への展開
・グローバルでの標準解析手法の定着
本講演では、iconCFDのユーザーインターフェース開発例についてご紹介します。
IDAJ
17:00-17:10 閉会のご挨拶 IDAJ
資料請求はこちら