IDAJ

Product製品情報

AutoLionリチウムイオン2次電池解析ツール

特徴

電気化学反応・熱プロセスの連成モデルを実装

リチウムイオン電池内部で起こる電気化学反応は、温度の影響を強く受けます。また、電池温度は充電・放電に伴う電気化学反応における発熱に応じて変化します。さらに、リチウムイオン電池は適正な温度から外れると急速に劣化するため、温度管理が重要です。このため、リチウムイオン電池性能を予測するモデルは、この電気化学反応プロセスと熱プロセスを同時に考慮した支配方程式を連成させて解く必要があります。
AutoLionは、リチウムイオンセル内の熱・電気化学プロセスを物理モデルベースで予測的にモデル化します。また、その高速で信頼性の高い電気化学シミュレーションは、あらゆる動作条件下での、あらゆるリチウムイオン電池の熱・電池性能などの予測に役立ちます。

電気化学反応・熱プロセスの連成モデルを実装の図

EV工学に適切な最新鋭の物性データベース

AutoLionには、以下のような有益な物性データベースが組み込まれています。

  • 正極は8種類、負極は3種類のそれぞれ典型的な正極材・負極材のデータベース
  • 広範囲の濃度や温度などにおける精度の高い物性データ
  • 電極の物質を混合させて電池の性能を調査
EV工学に適切な最新鋭の物性データベースの図
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求