IDAJ

Product製品情報

Simcenter Flotherm電子機器専用熱設計支援ツール

最新バージョン

Simcenter Flotherm 2019.2

Simcenter Flotherm 2019.2 新機能のご紹介(音声付)
Simcenter Flotherm 2019.2 新しくなった結果処理 ~GUI・高速化編~(音声付)
Simcenter Flotherm 2019.2 Command Centerの機能紹介 ~最適化と新機能の紹介~(音声付)

オンラインセミナー(無償)開催中!
「Simcenter Flotherm 2019.2バージョンアップセミナー(オンライン版)」
Simcenter Flotherm 2019.2の新機能や効果的な活用方法に関するさらに詳しい情報をオンラインセミナーでご提供しております。

詳細・お申込みはこちら

ポスト処理ツールの改良

Project Managerと一体化し、モデル作成モードと結果分析モードを切り替えて使用できます。結果分析モードでは、結果ノードツリーが表示され、様々なプロットやスカラー、ベクトル、動画、コメント、視点、テーブルの制御が可能です。

ポスト処理ツールの改良の図

結果分析モード

  • 処理速度の向上
    • プロットがマルチコア処理に対応したことで、結果が高速に表示されるようになりました。
      処理速度の向上の図
  • 平面プロット
    • 平面プロットの位置指定
      プロットの位置を、座標での指定に加えて、温度など物理量の最大値・最小値の場所や特定のオブジェクトの重心で指定できるようになりました。
    • 断面カット機能の追加
      断面カット機能の追加の図
    • 新規スカラーの追加
      固体温度、流体温度、熱伝導率X成分、熱伝導率Y成分、熱伝導率Z成分、流体熱伝導率が表示できるようになりました。
      新規スカラーの追加の図
  • 表面温度プロット
    複数のプロットを保存できるようになりました。
    また[更新](下図右)で、表面温度を表示するオブジェクトを変更することができます。
    表面温度プロットの図

結果分析モード ~粒子プロット~

ファンなど、特定のオブジェクトに関連付けて表示するようになりました。オブジェクトに入る流れ、オブジェクトから出る流れ、その両方の中から、表示する流れを選択できます。

  • テーブル
    • テーブル
      別ウィンドウで立ち上がり、選択しているオブジェクトに関連するデータを表示します。現在の表示内容は、[プロットパレット]機能を使用することで保存することができます。
    • 過渡解析のデータ表示
      各時刻のテーブルを表示できるようになったため、時間に依存する発熱量などの確認できるデータが増えました。
      全時刻のデータは、CSVファイルとして出力することができます。
  • Command Center
    Command Centerでも、各プロットを作成することができます。

オブジェクトの表示

各オブジェクトやアセンブリの表示を、[ワイヤ]、[ソリッド]、[輪郭付きソリッド]から個別に選択できます。ソリッドで表示している場合には、透過度を設定することができます。

アセンブリの軽量化オプション

データツリーの表示を整理するために、アセンブリ内の全オブジェクトの表示・非表示を選択することができます。

検索機能の強化

検索対象に、テーブルのデータが追加されました。また、検索範囲を、モデル全体のほか、現在選択しているオブジェクトのみに限定できるようになりました。

熱伝導率の拡張

非線形の温度依存熱伝導率が設定できるようになりました。また、面内方向と厚さ方向の熱伝導率を指定する、[2軸]の熱伝導率の定義も可能になりました。

ライブラリの更新

半導体の熱伝導率が、非線形の温度依存熱伝導率に更新されました。また、[EBM]ライブラリと[Papst]ライブラリが統合し、[EBMPapst]ライブラリとなりました。

FloSCRIPTのポスト処理への対応

低次元化モデルの出力効率の向上

動作環境

Windows 64-bit
  • Windows 10 Update Version 1809 (Pro and Enterprise editions)
  • Windows 8 and 8.1 (Core, Pro and Enterprise editions)
  • Windows 7 (Business, Enterprise and Ultimate editions)
  • Windows Server 2012, Standard edition
  • Windows Server 2012 R2, Standard Edition
  • Windows Server 2016 Version 1607, Standard Edition
Linux, 64-bit

  • Red Hat Enterprise Linux 7.4 [Solver Only]
  • Red Hat Enterprise Linux 7.5 [Solver Only]
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求