製品情報 Product

modeFRONTIER多目的ロバスト設計最適化支援ツール

特徴

CAP(Computer Aided Principle:設計の原理原則抽出支援)機能

「考える」を支援する新たな最適化ツール

CAP(Computer Aided Principle:設計の原理原則抽出支援)機能

一般的な「最適化ツール」は、CAE設計の単純な自動化や、トレードオフ最適化をおこなうためだけのツールでした。
しかしmodeFRONTIERは、旧来までの「最適化ツール」から脱却し、 「単なる解の探索ツールから意思決定支援ツールへ」というキーワードのもと、「自動化や最適化によって得られた非常に多くの結果から、いかに有益な情報を引き出していくか」という点に最も力を入れて開発を進めています。



グリッドコンピューティングシステム機能(GridManager)

設計開発現場のニーズを満たす、最先端機能を豊富に搭載

グリッドコンピューティングシステム機能(GridManager)

modeFRONTIERには、一般的に知られた実験計画法や最適化アルゴリズムはもちろん、設計開発現場のニーズを満たすため独自の手法や機能を豊富に搭載しています。
操作面も並行して研究は進められており、直感的なGUI(日本語環境)は、多くのユーザー様から高いご支持をいただいています。 また、最近注目されている複数台マシンを利用した分散実行環境構築も、一般的なNQS(ネットワークキューイングシステム)を使用せずに構築できます。



modeFRONTIER適用事例

豊富な適用事例が、modeFRONTIERの実績

modeFRONTIER適用事例

modeFRONTIERは、全世界約320社の企業と約120の研究機関で活用され、適用例も300以上にのぼります。
全世界において、あらゆるものづくり分野で実績を挙げている適用例は、ユーザー様の参考にもなり、それがさらなる情報共有の場として活用され、新しい適用事例を生み出しています。


ページトップへ戻る