IDAJ

Product製品情報

電磁界解析・EMC対策支援

Overview

新時代、電磁界シミュレーションの重要性は増大

「電磁界シミュレーション」の中には、静電場シミュレーション、静磁場シミュレーション、電磁誘導シミュレーション、電磁波シミュレーションなどが含まれます。一般的には高周波シミュレーションと低周波シミュレーションに分類されることが多く、高周波シミュレーションでは、電磁波解析は回路やワイヤレス通信用回路、アンテナやレーダー、5G機器などの設計、電磁両立性(EMC)対策などに使用され、低周波の磁界解析では、モータ/ジェネレータやリニアアクチュエータ、ソレノイドバルブ、医療用機器などの設計に用いられます。
昨今では、多種多様な電子電気機器の設計開発プロセスの中で電磁界シミュレーションが必要とされ、世界中の多くの企業でその技術が適用されています。特にVCCI、FCC、ENなどの法規制のある電磁両立性(EMC)の問題に対しては、後追い対策での損失が大きすぎるため、設計初期段階から対策支援ツールを活用し、シミュレーション技術によって対策を検討するケースが急増しています。

現代の高度なエレクトロニクス社会では、回路およびシステム上の電磁界の影響は相対的に大きくなり、電磁界シミュレーションを設計プロセスの中で用いることによって、アンテナ、センサー、チップなどのコンポーネントやモータ/ジェネレータ、ソレノイドバルブ、プリント基板などのサブシステム、自動車、スマートフォン、MRIなどのシステム全体の電磁界特性を効率的かつ視覚的に検証することができます。
電磁界シミュレーション技術は、上述のように電子機器や通信関連のハイテク業界だけでなく、航空宇宙業界や自動車業界、医療業界、コンシューマプロダクト業界、建設業界など、あらゆる製造業でも役立っており、この技術を、製品コンセプト策定、初期仕様検討からレイアウト設計、コンポーネント設計、評価検証などの各設計プロセスフェーズに適応することで、製品の品質向上と製品の市場投入までの時間とコストの削減に大いに貢献します。

電磁界シミュレーションとひとくくりに言っても、非常に幅広い周波数域に対応する問題、散乱・分散・放射などの複雑な物理現象の相互作用の問題、ミクロ構造とマクロ構造が混在したマルチスケールの問題など、より現実的な問題に対応しようとすると予測の難易度が上がるため、適切なツール選択とそれらを活用するためのノウハウが欠かせません。
IDAJではお客様のテーマやニーズに合わせて、いくつかの先進的なツールの中から最適なものをお客様にご提案します。

ユーザーサポートセンター 無料で資料請求