IDAJ

Product製品情報

Ansys Granta MI材料知識データ管理共有プラットフォーム

概要

製品性能とコストをバランスよく最適化しつつ、環境規制リスクや環境負荷も考慮しながら企業価値を高めるには、信頼性の高い材料データとエンジニアが持つ材料知識や情報、培った経験を組み合わせて、競争力のある材料知識データベースを構築することが必要です。
Ansys Granta MI™は、製造業における材料知識共有のための最先端のプラットフォームで、素材を可視化して比較分析し、重要な材料データを正確に、素早く選定することができますので、材料開発に対する投資の無駄を省き、開発期間を短縮しつつ、投資対効果(ROI:Return on Investment)の向上に貢献します。
マテリアルズインフォマティクス(MI:Materials Informatics)に基づいて、お客様のさまざまな業務に合った最適なモジュールとシステムをご提供し、Ansys Granta MIを組織内に展開することで、企業全体ひいてはサプライチェーン全体の最適化と、一貫性のある意思決定を強力にサポートします。
マテリアルズインフォマティクスでは、機械学習という統計数理に基づいた技術を含む情報処理技術をフル活用し、新規材料や代替材料の探索などを行いますので、様々な材料を組み合わせて、繰り返し実験を行ってきた従来の手法に比べて飛躍的な効率の向上を目指します。

企業内の材料知識情報の“ゴールドソース”

機能向上を目的として、Ansys Granta MIは、現在、3つのコンソーシアムの会員と世界中のAnsys Grantaユーザー様からの有用な情報提供を受けています。また、製造業の現場に多くの「材料情報テクノロジー」を導入してきたGranta DESIGN社の比類のない経験に基づいて設計されていますので、多くの材料研究のエキスパートが、材料データの管理・分析・認証や関連情報の維持のために、セキュアに管理されたシステムであるAnsys Granta MIを企業全体で利用しています。
材料エンジニアだけではなく、設計エンジニア、シミュレーションエンジニア、EH&S(Environment, Health & Safety、環境・労働安全衛生)等の関連部門、エクゼクティブにいたるまでの全ての関係者がAnsys Granta MIにアクセスし、日々の業務のなかで重要な材料データを可視化・トレースして承認、横断的・包括的に管理・活用することができます。

Ansys Granta MIの特徴

共有
ご利用部門と企業全体利益のために、材料知識を一貫性のあるただひとつのデータベースとして共有します
保証
材料知識を共有し、また材料データの消失を防ぎ、材料のトレーサビリティ・セキュリティ・精度を保証します
短縮
材料試験の重複をなくし、保存場所を集約することで材料データや参照データの探索時間を削減します
革新
材料データの信頼性を高め、最適な材料選定を促進し、効果的な再利用を実現します
企業価値向上
コンプライアンス(グローバル環境負荷規制)のリスクを低減します
Ansys Granta MIのシステム構成イメージ
Ansys Granta MIご利用イメージ

Ansys Granta MIは、 ANSYS, Inc.により開発されました。
Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
その他のすべての商標または登録商標は、各所有者の財産です。

ANSYSエリートパートナーロゴ
株式会社IDAJは、ANSYSのエリートパートナーです。
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求