IDAJ

Product製品情報

GT-SUITEマルチフィジックス・システムシミュレーションツール

概要

GT-SUITEは、米国Gamma Technologies社で開発されたマルチフィジックス・システムシミュレーションツールで、コンピュータ上で自動車をはじめとする様々な工業製品を設計し、任意の運転条件におけるエネルギー効率、騒音等のNV評価、冷却系システムの熱マネージメント評価などをおこなうことができます。激しい技術競争にある各種産業界の皆様に、新しい設計、開発期間の短縮、コスト削減のための真の設計ツールをご提供致します。
GT-SUITEは、1980年代に自動車のエンジン性能解析(現在のGT-POWERに相当する機能)から開発をスタートした、実績あるツールです。特に自動車分野の各種設計でお役立ていただける機能が充実しているのはそのためです。

GT-SUITEは、3種類のライセンスパッケージでご提供します。

  • GT-SUITE:すべてのライブラリと機能が含まれています。車両全系の設計と解析に理想的なGT-SUITEは、コスト面でのメリットがあるパッケージです。
  • GT-POWER:詳細なシリンダーモデルと燃焼解析を備えた、業界をリードするエンジンシミュレーション用パッケージです。
  • GT-SUITEmp:冷却システムや熱管理、コンベ車やxEVの燃費・電費、油圧機器や空圧機器の解析など、非エンジン分野・非自動車分野の幅広い用途でモデルを構築するためのマルチフィジックス用パッケージです。
GT-SUITE概要図

さらに、オプション(有償)で追加機能が用意されています。

  • GT-AutoLion:リチウムイオンバッテリー内の電気化学プロセスを扱う機能です。AutoLionバッテリーモデルは、GT-SUITEの電気・熱領域モデルとダイレクトに統合することができます。
  • GT-AutoLion 3D:AutoLionバッテリーモデルを並列化し、バッテリーの性能、容量、寿命を決定するセル内の電気化学プロセスを3次元的かつ予測的に研究する機能です。
  • GT-POWER-xRT:MiL/SiL/HiLプラットフォーム上でGT-POWERの詳細エンジンモデルを高速(HiL上ではリアルタイム)に計算実行することができる機能です。
  • GT-SUITE-RT:HiLプラットフォーム上でGT-SUITEモデルをリアルタイムに計算実行することができる機能です。
  • GT-Automation:Pythonコードを記述してGTモデルをプログラム操作できるようにする、時間節約のためのエンタープライズ機能です。
  • GT-TAITherm:GT-SUITE内にバンドルされた特別バージョンのTAIThermで、3次元的なキャビンの快適性予測や排気管の熱害予測などを高速に実行します。
  • Advanced Combustion Toolset:モデルの忠実度の向上と計算時間の高速化を可能にする、燃焼解析のための生産性向上ツール群です。
  • GT-RealDrive:実世界のルート上で、交通渋滞や信号機、制限速度を考慮した車両走行シミュレーションを可能にする機能です。
  • GT-CONVERGE:GT-SUITEにバンドルされた機能限定版のCONVERGE
  • GT-Linearization:制御開発のプラント用途として、GT-SUITEモデルを線形化する機能です。
GT-SUITEは、Gamma Technologies, LLCにより開発されました。
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求