IDAJ

Product製品情報

VOLTA最適化エンタープライズソリューション

概要

製品開発競争が激化した現代においては、製品ライフサイクルの短縮化に伴い、短時間でより良い製品開発を行う必要があります。
VOLTAは、modeFRONTIERの開発元であるESTECO社が開発した、SPDM(Simulation Process and Data Management)を実現するツールです。Webベーステクノロジーによって、誰もがどこからでもアクセスすることができ、ファイル・データの管理、シミュレーションプロセスの実行、最適化の実行、結果分析を可能にし、役割を明確化した上で協調設計を実現するプラットフォームです。

VOLTAの概要

設計業務におけるデジタル技術の活用

エンジニアを繰り返し作業から解放し、より付加価値の高い業務へとシフトすることが必要です。包括的なデスクトップソリューションであるmodeFRONTIERは、自動化・最適化技術により、これを強力にサポートしています。一方で、設計者が広くシミュレーションソフトウェアを活用することを求められる中で、設計者自身がそれぞれのシミュレーションソフトウェアやmodeFRONTIERのオペレーション技術を習得することは容易ではありません。また、ソフトウェアや計算環境をユーザー毎に構築するには時間と工数がかかります。VOLTAは、エキスパートエンジニアが設計した自動化・最適化技術を、Webテクノロジーを通してどこからでも利用することを可能にし、さらにシミュレーションソフトウェアと計算環境を集中管理することで、環境構築負荷を最小限に抑えることができます。

設計業務におけるデジタル技術の活用の図

マシン環境構築と計算リソースの効率的な利用

VOLTAでは、VOLTAサーバーに紐づいた解析マシン(VOLTA Player)に計算を実行させ、結果をVOLTAサーバーで管理します。そのため、設計者による端末の準備やソフトウェアのインストールなどの環境構築が不要になります。さらに、並列計算実行によりICTリソースを最大限に有効活用します。

マシン環境構築と計算リソースの効率的な利用の図

データの有効活用

VOLTAでは、解析結果のみならず、種々のデータ、解析条件、データに紐づいたメタ情報をVOLTAサーバーで一元管理します。そのため、従来のように個々でデータを管理するという属人化を防ぎ、データの見える化を実現します。

データの有効活用の図

データ分析

最適解を得るよりも重要なのが、自動化・最適化の後に「なぜこのデザインが優れているのか」といったデータ分析を行うことです。VOLTAはmodeFRONTIERの“設計者支援ツール”という思想をWeb上で体現し、設計者や解析専任者と意思決定者の懸け橋となります。

データの有効活用の図

コラボレーション(MDO)

モデルベース開発を実現するためには、複数の分野にわたる複合領域最適化(MDO:Multidisciplinary Design Optimization)が必要です。VOLTAは各分野のシミュレーション技術を統合するコラボレーション環境をご提供します。

voltaVOLTAは、ESTECO S.p.Aにより開発されました。
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求