IDAJ

Product製品情報

設計者CAE

Overview

誰もがシミュレーションを使いこなす時代 ~開発初期により多くのシミュレーション検討を~

設計者CAEという言葉の定義は様々ですが、一般的には、解析専任者が行う詳細で高精度なCAEと対比させて、設計者が簡単に実行可能なCAEと認識されています。
一昔前には、CAEは高度な専門的技術として位置付けられ、特定の解析専任者やスペシャリストによってのみ運用されており、設計者がCAEをオペレーションできるというレベルではなく、設計に役立つツールとして使用するには高いハードルがありました。したがって、IDAJでもいわゆる設計者CAEツールに頼らない、設計者専用のシステム構築などといった形でお客様の設計者CAEの実現をご支援してきました。
その後、ハードウェアやソフトウェア・テクノロジーが急速に発達し、昨今では設計者CAEツールの性能や操作性が大幅に向上しました。設計者CAEの特性をよく見極め、利用されるフェーズを吟味し、下流工程とうまく連携することで設計者CAEが成果を上げることができる環境は整いました。
恐らくは今後は、設計開発に携わるほぼ全てのエンジニアが、CAEを利用するようになることが予想されます。

一般的に設計者CAEツールは、専任者CAEツールと比べてシミュレーションの精度面では劣るものとイメージされます。

設計者CAEと専任者CAEの位置づけのイメージ

一方で、シミュレーションにかかる工数や計算時間という面では設計者CAEツールに優位性があり、この特性を理解して設計のより上流フェーズで活用していくことが重要です。
設計の上流工程では、設計の指針と方向性を得ることがより重要視されるフェーズであり、設計対象の形状の細部を詳細に決め込むことが求められるフェーズではありません。設計者CAEツールのスピードと手軽さを生かして、上流工程フェーズでコンセプト検討とラフデザイン、シミュレーションを実行して様々な可能性を考慮し、数十パターン、場合によっては数百パターンの設計案を手軽に比較検討することができます。設計の方向性を初期段階に絞り込んでいくことで、設計の手戻りが大幅に削減され、開発プロセス全体のフロントローディングと革新的な製品開発に大いに貢献します。

設計者CAEの活用イメージ

設計者CAEツールは、その発展の過程においてそれぞれが異なるコンセプトや独自性を持つに至りました。

  • 使い勝手と計算速度を追求したタイプ
  • クラウド上でどこからでもアクセスしデータをチーム内で共有するタイプ
  • 普段使い慣れたツール上で補助的に利用するツール

IDAJは、お客様の多様なニーズにズと目指すべき姿にマッチしたベストなツールをご提案します。

  • 形状をイメージ通りに自由に変更・修正しリアルタイムでシミュレーション結果とアイディアの有効性を確認する次世代ツール Ansys Discoveryページへ
  • あらゆる場所からアクセス可能なクラウドオンデマンド型のシミュレーションプラットフォーム 3DEXPERIENCE SIMULIAページへ
  • 普段ご利用になっている3次元CAD環境でインタラクティブに形状変更とシミュレーション結果を確認するCADアドオンツール CATIA V5 Analysisページへ
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求