IDAJ

Product製品情報

GT-SUITEマルチフィジックス・システムシミュレーションツール

お客様事例

トヨタ自動車 株式会社 様

エンジン開発、冷却システム、車両全体の冷却回路などの熱マネージメントや、エンジンの机上適合にGT-SUITE を適用。
企画フェーズで特性を決め、それらを後工程へと落としていくべきだが、ほとんどがエンジンとモータ、インバーターを併用した複雑なシステムを持つため、特性設計だけで開発を進めると右バンクからの大きな手戻りが予測される。そこで、構造や形をある程度見越した上で機能を割り付けるようにし、GT-SUITEでエンジンの出力を予測、車両の動力や加速度に対してデータを渡すというフローを構築。
GT-SUITEでのモデル化のポイントは、「階層に応じて粒度が異なる複数のモデルを構築すること」 、「左バンクの下まで形状やその実現性を素早く確認できること」。モデルを用いることで、自社部品の性能の検討及び車両に組込んだ時の性能をタイムリーに検討することができ、また車両メーカー、サプライヤー間での擦り合わせのためのツールとしても利用することが可能。これが現在のクルマ開発の実態に適した、実利の取れるモデルベース開発だと考えている。

マツダ 株式会社 様

極めて厳しいCO2削減や性能要求に応え、品質の良い製品を開発するためには、モデルを活用した開発、すなわちMBD(Model Based Development)が必須。今回ご紹介いただいたウォータージャケット内冷却水の流れ解析、エンジンの非定常温度予測、エアクリーナーの流れ解析では、ルーティーンとなった作業をiconCFDに置き換え、ソフトウエアに対する投資を抑制。また、ソフトウェアのライセンスを気にすることなく多数のケースをタイムリーに計算できるメリットも。
MBDの取り組みの中で一次元シミュレーションがカバーする領域が拡大する中、世界的に自動車業界におけるデファクトスタンダードとなったGT-SUITEが、設計、実験などの他部署のメンバーにも浸透。初期のコンセプトを決める際に、まず一次元シミュレーションでパワートレインのシステム一台分を徹底的に作り込んでからスタートするなど、非常に重要かつ有効なツールとしてご活用いただいている。

三菱自動車工業 株式会社 様

冷却水・オイル循環量、エンジン油水温、トランスミッション油温、冷暖房、電池冷却、熱マネージメント、燃費、排ガス温度・流量など幅広い分野で適用。電池冷却のシミュレーションにGT-SUITEを適用した事例と、エアコン冷媒系異音予測のためにモデリングとシミュレーションに関する事例をご紹介。 エアコン冷媒系異音予測では、実験と1Dシミュレーションを用いて現象を解明、詳細な膨張弁モデルによって従来のモデルでは再現できなかった圧力脈動をとらえることができた。

アイシン精機 株式会社 様

エンジンモデルの高精度化にGT-SUITEを活用。インテークマニホールド、エキゾーストマニホールドとの協調効果の導出、リアルドライビングへの対応と言った背景から、高負荷も含めたエンジン動作全体での高精度化に取り組む。また、高EGR率での燃焼予測の精度向上が課題となり、CONVERGEを用いた3次元CFDの燃焼結果を取り入れた。今後はmodeFRONTIERを活用し最適仕様を提示することで早期にエンジン全体としての最適な機能を検討し、製品開発を加速させることを目指す。

カルソニックカンセイ 株式会社 様

エアコンモデルだけでなく、車両のトータルシミュレーションができることが魅力。自動車メーカー様での導入実績が非常に豊富なGT-SUITE であれば、シミュレーションモデルを共通言語のように使用してコミュニケーションをとることもできるのはないか。

トヨタ自動車 株式会社 様

開発期間が著しく短いため、わずかな試作回数で様々な仕様を決めなくてはならず、設計完了時点で高いレベルでの初期性能も求められる。CAEやシミュレーションは、実機が無い段階で車両性能およびコンポーネント性能を高めるための必須の技術として、今では設計プロセスに完全に組み込まれている。GT-SUITEは、性能計算や3D CFDとの連成計算に活用。

株式会社 ユタカ技研 様

研究者、設計者、ベテラン、若手を問わず「CAE」という共通言語を使って技術的な議論を深めたい。若手エンジニアのアイデアを数値化することで提案根拠がわかることも、経験値を補うことができる大きな役割。GT-SUITEのベースとなるモデルは解析専任者が準備して、設計者は、エクセルシートに数値を入力して計算実行するだけ。

株式会社 ヒロテック 様

排気吐出音解析、マフラー内部構造最適化、出力解析・排気抵抗解析、キャタ流速分布解析、O2センサー寄与度解析、壁温予測解析、放射音解析などにGT-SUITEを活用。CAEの結果がなければ試作、実験も行わず、既存製品の形状変更にも、そのエビデンスとしてCAE結果が必要。

株式会社 本田技術研究所 様

先行開発期間を前倒しし、設計構想を物無し(ブツナシ)で検証するDPM(Digital Proto Model)期間へと置き換え、シミュレーションだけを駆使した性能検証を実施。GT-SUITEを駆使し、開発期間内にデザイナーの望むマフラー形状で目標性能との両立を達成。

株式会社 本田技術研究所 様

CAE、つまりバーチャルエンジンは、扱っている現象を精度良く、より厳密に把握でき、実際のエンジンではセンシングできないような場所の状態を推測したり、ある程度の性能予測が可能。GT-SUITEを利用しているのは、サポートスタッフのスキルが高く、サポート体制が良いから。

ユーザーサポートセンター 無料で資料請求