IDAJ

Case Study実績・お客様事例

ガスタービン燃焼器アンモニア燃焼解析

分野1:
熱流体解析、化学反応解析

使用ソフトウェア

CONVERGE

概要

予混合ガスタービン燃焼器*に、アンモニアガスを混焼した計算事例です。アンモニアを燃焼させても温室効果ガスのCO2は発生しませんが、メタンと比較して低位発熱量が小さく、燃焼し難いとされています。本例では、アンモニアをモル比で10%、40%、90%混ぜ、詳細化学反応により燃焼解析を行いました。アンモニアの割合が増加すると火炎が安定せず、失火する結果となりました。もちろん、CONVERGEの標準機能のみで計算が可能です。

解析種別:ガスタービン、燃焼器
課題等:詳細化学反応、新燃料

ガスタービン燃焼器アンモニア燃焼解析
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求