IDAJ

Case Study実績・お客様事例

ダクト吐出音解析

分野1:
熱流体解析、音響解析

使用ソフトウェア

iconCFD、ennovaCFD

概要

流体中で観測される圧力変動には、対流の乱れによって発生する流体力学的圧力変動と、音速で伝播する音響学的圧力変動という2つの成分があります。圧縮性計算では両方の成分を計算できるのに対して、非圧縮性計算では流体力学的圧力変動のみを計算することができます。実測データが公開されている低マッハ数流れの簡易HVACダクトを解析対象として、iconCFDを使用した計算を行いました。非圧縮性計算で精度の良い空力騒音計算が可能なのは限られた条件のみで、多くの場合は圧縮性計算が必要であることが計算結果からわかります。

ユーザーサポートセンター 無料で資料請求