IDAJ

Case Study解析事例集

筒内流動解析(タンブルコントロールあり・なし)

使用ソフトウェア

CONVERGE

概要

タンブルを強化する目的で、吸気ポート内部に設置されたバルブがある場合と無い場合の流れ場を、CONVERGEによって計算して比較しています。この事例では、速度勾配に応じて解適合格子(AMR: Adaptive Mesh Refinement)をかけているため、バルブを通過する領域など、速度勾配の大きな部分のメッシュが自動的に細分割されており、より高い精度での計算が期待できます。
この事例の動画をご覧いただけます。

(1)タンブルコントロールなし
(2)タンブルコントロールあり
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求