IDAJ

Case Study解析事例集

帆船構造の最適化

使用ソフトウェア

modeFRONTIER

概要

船舶の構造設計は、一般に設計荷重の設定、設計荷重による構造解析、解析結果を用いた降伏、座屈、疲労強度などの強度評価の手順でなされます。この内、設計荷重の設定は構造設計手順の最も上流に位置し、その精度が最終寸法、ひいては船舶の構造安全性にまで大きく影響を及ぼすことから、設計荷重の設定は船体構造強度に関する設計条件あるいは運航条件と密接に結びつくものです。modeFRONTIERは、欧州での船舶関連企業のほとんどで導入されており、適用事例も多数報告されています。

図:帆船構造の最適化
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求