IDAJ

Case Study解析事例集

プラスティックインジェクションの条件最適化

使用ソフトウェア

modeFRONTIER、Cadmold

概要

この事例では、鋳造条件の最適化としてCadmoldとmodeFRONTIERを連成させました。最適化計算の負荷をなるべく大きくしないように、メッシュを変形させる作業を必要としないパラメータ群を設計変数としました。設計変数としてはポリマーの流入位置、溶解温度、射出時間、鋳型温度とし、成型物の温度偏差やせん断応力値などを目的関数として最適な成型条件を求めました。
メッシュ制御を加えると、例えば冷却ピンの深さや位置の最適化、ホットスポットの低減条件の探索など、可能性はさらに広がります。

図:プラスティックインジェクションの条件最適化
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求