IDAJ

Case Study解析事例集

フランジ曲げ加工工法の多目的最適化

使用ソフトウェア

modeFRONTIER、MSC.Marc

概要

この事例では、パンチとダイのみのシンプルな加工方法について、加工対象の平板のスプリングバックも考慮した解析を行い、目的形状に対する加工後の形状最適化と、残留応力の最適化を行っています。設計変数としてはパンチストロークの長さ、パンチ速度や土台からの離間距離など5変数を設定しました。
最適化計算の結果、理想形状とのズレ量と残留応力はトレードオフの関係になっていることがわかります。

図:フランジ曲げ加工工法の多目的最適化
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求