IDAJ

Product製品情報

ennovaCFDiconCFD・OpenFOAM用プリポストプロセッサー

機能/動作環境

機能一覧

形状データのインポート

代表的なCAD中間フォーマット(STL、NASTRAN、Step、Iges、ParaSolid)に対応しています。

ジオメトリ修正・加工

インポートした形状データを加工する機能やプリミティブ形状を作成する機能を備えています。

プリミティブ形状の作成

サーフェスラッパー(shrinkwrap)

shrinkwrapは、ヘキサベースのOctree法を使ったサーフェスラッパーです。複数の不連続なサーフェスから連続したサーフェスを生成します。ラッピングしたサーフェスをRemeshすることでサーフェス品質が向上し、高品質なボリュームメッシュを生成します。

マルチ領域サーフェスラッパー(shrinkwrap)

通常サーフェスラッパーは1つの領域に対してラッピングしますが、複数の領域を同時にラッピングし領域間界面は連続メッシュで生成するサーフェスラッパーを開発しました。

ボリュームメッシャー(topologyBasedMesh)

topologyBasedMeshは、デローニ法をベースとしたテトラ・ピラミッド・ヘキサのハイブリッドメッシャーです。デローニ法を使用することで形状再現性に優れ、レイヤーメッシュの品質も高いのが特徴です。ハイブリッドメッシュ生成後に、Dualizerを使ってポリヘドラルメッシュに変換することができます。また、マルチ領域に対応しているため、流体固体熱連成モデルの作成も可能です。

Sweepメッシャー(topologyBasedMesh)

薄板状の領域に対して等方サイズのメッシュを作成すると、膨大なメッシュ数になります。これを抑えるために、sweepメッシュを生成するメッシャーを開発しました。形状データのトポロジーから層状メッシュで生成可能な領域を自動検出し、メッシュを生成します。

Ansys Fluentメッシュデータ(.msh)の出力

ennovaCFDで作成したメッシュを、Ansys Fluentフォーマット(.mshファイル)で出力することが可能です。

ポスト処理

断面コンター、ベクトル、StreamLine、IsoSurface、Thresholdなどの基本的な可視化表示や、物理場の演算、断面数値データの出力、グラフ表示などの処理が可能です。

マクロファイルとバッチ実行

GUIで操作した履歴をマクロファイル(.esfファイル)に出力することができますので、そのマクロファイルを使用してバッチ実行することができます。マクロファイルでは、java scriptをお使いいただけます。

% ennova –batch マクロファイル名

動作環境

Windows

  • Windows7/10 64 bit

Linux

  • SUSE Linux Exterprise 12
  • Red Hat Exterprise Linux 5.4
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求