IDAJ

System Integrationシステム開発

システム開発事例

解析システム構築例

  • アプリケーシヨン別解析システム
    – 冷蔵庫解析システム
    – プ口ペラファン解析システム
    – ク口スフ口ーファン解析システム
    – 熱交換器解析システム
    – 触媒装置解析システム
    – 車両温熱解析システム
    – 人体温熱モデル連成システム
    – HVAC解析システム
    – 室外機解析システム など
  • 設計者向け熱流体解析システム
  • パラメトリックメッシュ生成ツール
  • 最適化システム
    – エンジンシミュレータ体積効率同定システム
    – 自動車空力解析最適形状探索システム など
  • Q&Aシステム
  • 解析事例テータベース
  • 解析支援システム(報告書作成)

解析システム事例

【事例1】設計者向けCFDシステム開発
  • 従来は解析専任者が行っていた流体解析(CFD)業務を設計者が簡単に実施できるシステムを、マツダ株式会社様のご協力の基に構築しました。設計者はWindowsPC上から下記の処理を行うことができます。
  • 従来はCFD業務を行うために数か月間のトレーニング期間を要し、業務実行には数日間かかっていましたが、システムを利用することにより、トレーニングには数十分、解析業務の実行も数十分のレベルで行えるようになりました。このシステムを利用することによって、フロントローディングを成功させるために不可欠なパラメータスタディを設計者が簡単に実施することができ、仮想試験回数を増やすことによる品質向上、開発期間短縮に貢献します。
    ※横畑ほか、設計者向けCFDシステム(PT-ECS)の開発(マツダ技報 No.21 p.180-185(2003))にて発表されました。
【事例2】専用プリポストシステムの開発
  • 構造解析、流体解析ともにソフトウェアに付属のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)では使いにくい場合が多く、自社専用のGUIを作成したいという要求があります。
  • IDAJでは構造解析、流体解析のソフトウェア販売、技術サポート、コンサルティングを実施している立場から、最適で使いやすいGUIをご提案・構築することができます。
  • Windowsアプリケーション、Linuxアプリケーション等、お客様のハードウェアプラットフォームに合せてご提案します。
  • iconCFD、CONVERGEなどあらゆるソルバーに対応します。
【事例3】CADからの流体解析実行
  • 3次元流体解析を実施するノウハウをシステム化します。メッシュ作成、境界条件の設定など、技術開発された仕組みをシステムとして構築します。
  • iconCFD、CONVERGEなどあらゆるソルバーに対応します。
  • ご利用のCADからWindowsアプリケーションを呼び出します。
  • エンドユーザーはCAD上で形状を設定した後、スムースに解析を実行することができます。
  • CAD上で設定されたパラメータは最適化ツールmodeFRONTIERにて水準値を設定し、自動的に解析を連続実行します。
【事例4】Excel/modeFRONTIER解析テンプレート
  • 「Excel/modeFRONTIER解析テンプレート」は、ExcelからmodeFRONTIERをバックグラウンド実行するツールです。
  • 設計現場や開発現場において、最適化、パラメータスタディを加速するためのツールとして開発されました。
  • 利用者はmodeFRONTIERのオペレーションを行わず、Excel上のオペレーションだけで事前に準備されたmodeFRONTIERのワークフロー(.prjファイル)を呼び出し、変数の範囲を設定しシミュレーションを実行することができます。最適化の設計展開、MBD(Model Based Development)推進に欠かせないツールです。
【事例5】1次元エンジンシミュレーションシステム
  • 自動車総合シミュレーションプラットフォームGT-SUITEを設計・開発現場に普及することにより、フロントローディング活用を強化します。
  • エンドユーザーはGT-SUITEを意識することなく利用することができます。
  • 最適化ツールmodeFRONTIERと組み合わせることにより、より高度な「解析システム」を実現します。
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求