IDAJ

Product製品情報

iconCFDオープンソースベース汎用CFDソフトウェア

お客様事例

株式会社 デンソー 様

IDAJ設立時の1994年から、様々なご部署でIDAJのソリューションをご活用中。現在の同社でのシミュレーション活用の状況を網羅的にご紹介いただく。その一つ、サーマルシステム領域では、HVAC開発向けのiconCFDを活用した熱流体解析システム「FAST-HVAC」をご利用中。現在では設計者が日常的に利用され、オープンソースのメリットを生かし国内外の拠点でこのシステムを稼働中。現在はその適用範囲をHVACからラジエーター、ファン騒音などにも拡大し複数のテーマでご活用。1次元のシステムシミュレーションではGT-SUTIEを利用している。
CAEソフトウェアの選定基準は、ツールの性能と技術サポートのバランスが大変重要で、利用技術の定着にはソフトウェア提供元の支援や協力が不可欠だとお考え。今後、推進を予定している技術テーマは、システムモデルの活用と、SPDMの適用を背景とした確実な技術継承と技術者の育成。また未来の技術を作るために「技術バラシ」で残すべき技術とデータを蓄積されている。

マツダ 株式会社 様

極めて厳しいCO2削減や性能要求に応え、品質の良い製品を開発するためには、モデルを活用した開発、すなわちMBD(Model Based Development)が必須。今回ご紹介いただいたウォータージャケット内冷却水の流れ解析、エンジンの非定常温度予測、エアクリーナーの流れ解析では、ルーティーンとなった作業をiconCFDに置き換え、ソフトウエアに対する投資を抑制。また、ソフトウェアのライセンスを気にすることなく多数のケースをタイムリーに計算できるメリットも。
MBDの取り組みの中で一次元シミュレーションがカバーする領域が拡大する中、世界的に自動車業界におけるデファクトスタンダードとなったGT-SUITEが、設計、実験などの他部署のメンバーにも浸透。初期のコンセプトを決める際に、まず一次元シミュレーションでパワートレインのシステム一台分を徹底的に作り込んでからスタートするなど、非常に重要かつ有効なツールとしてご活用いただいている。

三菱電機 株式会社 様

ユーザー数の増加や多拠点化、大規模化までを見据えてオープンソースベースであるiconCFDを導入し、評価・検討を開始.空調冷熱の分野から技術を構築し、その他の分野への適用を進める。

トヨタ紡織 株式会社

設計者CAEのポイントは、目的と適用範囲を明確化すること。"使いやすい"システムを構築すると同時に、技術相談会の開催、マニュアル整備、操作トレーニングなどの活動が必要。iconCFDを用いた解析実行数は、システム導入前の倍以上!次のステップでは、海外拠点での導入を目指している。

ユーザーサポートセンター 無料で資料請求