製品情報 Product

modeFRONTIER多目的ロバスト設計最適化支援ツール

機能1

画像内のボタンをクリックすると、各機能の説明を表示します。




※詳細構成はお気軽にお問い合わせください。





modeFRONTIERのGUIは、完全日本語対応ですので、初めて最適化に取り組まれる際のハードルを下げます。日本語マニュアル、オンラインヘルプも充実しており、直感的な操作でフロー構築を支援します。自動レポート機能も搭載し、テーブル・チャートをあらかじめ選択して出力させることができます( html、pdf、rtf )。 また、modeFRONTIERのファイル自体がXML形式で出力可能なので、たとえばWebやサードパーティのシステムから、modeFRONTIERをバッチ実行させることができます。またGUIライセンスと自動計算ソルバーライセンスが分割管理されていますので、1ライセンスに複数ユーザーがアクセスすることができます。







CAEツールなどをmodeFRONTIERのようなツールと連成させるためには、テキストを媒体としてやり取りするのが一般的ですが、場合によってはそれが予想以上に手間で、困難な作業になることがあります。 modeFRONTIERはCAD/CAEツールをはじめ、ExcelやMATLABなどとのダイレクトインターフェースを標準で搭載しています。modeFRONTIERのダイレクトインターフェースは、開発元が直接ツールベンダーと提携して構築していますので、非常に高機能で信頼性が高いとご好評をいただいています。








グリッドマネージャー(GridManager)は、Java製のオープンソースGridGainを利用したジョブの分散実行環境を提供することにより、最適化計算に要する時間の短縮、マシンのロードバランシングを可能にします。これによって、従来までのNQS(ネットワークキューイングシステム)は不要となります。 グリッドマネージャーがサポートするのは、ダイレクトインターフェース経由で起動するアプリケーションのみで、v4.2.1ではUGS NXノードと、LabVIEWノードのみに対応しています。その他のダイレクトインターフェースは、順次追加され、後のバージョンで正式リリースされる予定です。
また、modeFRONTIERでは、 連成させるCAD/メッシャー/CAEソルバーのライセンス数が異なっていても計算を投入させることができる「待ち行列ノード」を使うことで、ツールのリソースを最小限に抑えることができます。







modeFRONTIERを用いれば、実験データを対象に仮想最適化や分析を効率的におこなうことができます。「独自フォーマットのデータ」を、「自作テーブルにまとめて Excel マクロでグラフ化」し、「専用グラフ描画ツールでチャートを印刷」したり、「個別ツールで統計分析」といった煩雑な作業を、modeFRONTIER単体ですべておこなうことができます。 modeFRONTIERの「データウィザード機能」という対話型のデータ取込み機能で、データをまとめたファイル(ASCII またはExcel形式)を準備すれば、ウィザードの指示どおりに操作するだけで、そのデータを読込み、最適化ワークフローの生成までを自動でおこなうことができます。







modeFRONTIERには、豊富な応答曲面手法が搭載されています。また、Excelマクロとして応答曲面の関数を出力させることもできますので、Excelの描画機能を使って応答曲面を確認するなど、設計者展開にも利用できるよう構成されています。

■クラシックモデル
 ・ユーザー定義モデル
 ・多項式特異値分解
 ・パラメトリック曲面
 ・シェパード-K-最近傍法
■統計学的モデル
 ・クリギング
 ・異方性クリギング
 ・ガウシアンプロセス
■アドバンストモデル
 ・RBF
 ・ニューラルネットワーク
 ・進化的デザイン



ページトップへ戻る