AcademyIDAJ数値解析アカデミー

Webセミナー(ウェビナー)

はじめよう!使おう!modeFRONTIERセミナー

開催日 開催会場 受講料(消費税別) お申し込み
常時開催 オンライン 無料 お申込み

こんな方におすすめ

・これから最適化技術を実務へ適用しようと検討されている方
・適用初期段階からのスキルアップを考えていらっしゃる方
・最適化をすでに設計・解析実務に適用し、今後ロバスト設計の実践を検討されている方
・従来の実験計画法に基づくロバスト設計からさらにスキルアップを考えていらっしゃる設計・解析実務担当の方

modeFRONTIERをはじめてお使いになるのに必要な基礎知識と連成方法の具体例をご紹介

modeFRONTIERが最適化ソフトウェアとして日本で販売を開始されてから10年以上が経過し、多くの企業、団体、大学の皆様の間で、自動化や最適化の利用が広まってきました。
そのような中で、modeFRONTIERは毎年バージョンアップを重ね、特徴のある様々な最適化アルゴリズムや、応答曲面手法、多彩な結果処理機能などを備え、市販の最適化ソフトウェアの中で、最も評価の高いソフトウェアの一つとしての地位を確立しました。
ユーザー様はCAE技術者の方にとどまらず、実験部門や制御部門の方など多岐に渡り、実験データの処理やモデルベース開発などの分野でも、一般的に広く利用されるようになっています。
本セミナーは、「はじめてのmodeFRONTIER」と「これで使えるmodeFRONTIER」の2部構成になっております。
これから自動化・最適化計算を始めようとされている方、modeFRONTIERで何ができるのかを知りたい方は、まず「はじめてのmodeFRONTIER」をご視聴ください。
既にmodeFRONTIERや最適化に関する知識はお持ちで、modeFRONTIERと各種アプリケーションとの連成、最適化によって得られる結果について具体的にご理解を深められたい方は、「これで使えるmodeFRONTIER」をご視聴ください。

●各コンテンツの見所
「はじめてのmodeFRONTIER」では、これから本製品を活用していただく最初のステップを想定し、簡単なサンプルを用いた、実際の操作や設定のデモを交えてご紹介します。 使いやすく分かりやすい、日本語化されたGUIで、最適化問題の構築や、さまざまなデータ処理にmodeFRONTIERをご活用いただける、という感触を掴んでいただければと思います。 

「これで使えるmodeFRONTIER」では、各種アプリケーションとmodeFRONTIERとの連成をご紹介します。
本セミナーを参考に、お手持ちのアプリケーションとmodeFRONTIER連成させることで、製品開発や研究開発にご活用いただければ幸いです。

プログラム・講演内容(予定)

スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。何卒ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

※コンテンツの一部は、modeFRONTIERのご利用経験のない方には、ご理解いただきづらい箇所がございます。あらかじめご了承のうえ、ご覧ください。 

●はじめてのmodeFRONTIER

約21分 (1)自動化・最適化・多目的最適化とは?
約12分 (2)自動化・最適化を理解するためのサンプル事例
約9分 (3)応答曲面法とその利用価値
約10分 (4)modeFRONTIER 基本操作のデモンストレーション ~ EXCELとの連携 ~
約13分 (5)事例紹介:実機計測分野でのmodeFRONTIERの有効活用法
約8分 (6)操作デモ:実機計測分野でのmodeFRONTIERの有効活用法
約7分 (7)設計者展開機能 プランナーのご紹介

●これで使えるmodeFRONTIER
各種アプリケーションとmodeFRONTIERとの連成方法をご紹介します。

約3分 New!(1)Ansys WorkbenchとmodeFRONTIERとの連成
約7分 New!(2)Microsoft EXCELとmodeFRONTIERとの連成
約5分 New!(3)GT-SUITEとmodeFRONTIERとの連成
約4分 New!(4)JMAG-DesignerとmodeFRONTIERとの連成
約6分 New!(5)MATLABとmodeFRONTIERとの連成
約7分 New!(6)LS-Dyna-modeFRONTIER連成によるクラッシュ 最適化事例(ダイジェスト)
約3分 New!(7)プランナー1:シナリオの選択
約2分 New!(8)プランナー2:入力変数の設定
約1分 New!(9)プランナー3:出力変数の設定
約2分 New!(10)プランナー4:目的関数の設定
約2分 New!(11)プランナー5:制約条件の設定
約2分 New!(12)プランナー6:最適化アルゴリズムの設定
約5分 New!(13)プランナー7:計算実行の設定
約5分 New!(14)ポスト処理1:プロジェクトの実行ログの確認
約1分 New!(15)ポスト処理2:テーブルと最適解のマーキング
約1分 New!(16)ポスト処理3:散布図マトリックス
約5分 New!(17)ポスト処理4:多次元解析チャート
約1分 New!(18)ポスト処理5:バブルチャート

●modeFRONTIERで機械学習
modeFRONTIERで実行が可能な機械学習について解説します。

約21分 (1)新しい応答曲面(H2O.ai)
約15分 (2)クラスタリング
約15分 (3)次元削減
約13分 (4)自己組織化マップ

●「これで使えるmodeFRONTIER」の旧コンテンツです。こちらもご視聴いただけます。
各種アプリケーションとmodeFRONTIERをどのように連成させるのか、あるいはどのような結果が得られるかを具体的な事例を元にご紹介します。 なお、modeFRONTIERの旧バージョンで作成しています。最新バージョンでの設定方法についてご不明点がございましたら、サポートまでご連絡ください。

約23分 (1)事例紹介:STAR-CCM+連成事例 カタリストコーン形状最適化
約23分 (2)CATIA V5を用いた構造解析最適化設定方法
約15分 (3)NXとmodeFRONTIERの連成設定方法
約15分 (4)GT-SUITEとmodeFRONTIERの連成設定方法
約15分 (5)ANSYS Workbenchノードを用いた連成計算 -外部CADとしてSOLIDWORKSを用いた例-
約15分 (6)CATIA V5での固有値解析設定方法
約20分 (7)メッシュモーフィングツールDEP Morpherを組み込んだ形状最適化
-フロントサイドメンバ形状最適化事例紹介-
約18分 (8)グリッドマネージャ機能のご紹介 -ハードリソースを有効活用した最適化計算-
約27分 (9)JMAGノードを用いた連成計算設定方法 -内部モデリング機能を用いた例-
約11分 (10)事例紹介:ZEMAX連成 -トリプレットレンズの歪曲および解像度の多目的最適化-
約18分 (11)Excelワークブックノードの使用例 -波形の合わせこみ問題(パラメータフィッティング)-
約22分 (12)ASMIとmodeFRONTIERの連成設定方法
約20分 (13)事例紹介: 自動車の諸元データに対するデータマイニング事例
約33分 (14)NI LabVIEWと連成する際の注意点と、LabVIEWノードの使用方法のご説明
約11分 (15)SpaceClaimを利用した最適化設定方法および事例紹介
約22分 (16)MATLAB/Simulinkを利用したカーブフィッティングの事例紹介

 

開催概要

  オンライン
開催時間 常時開催しています。
・開始日から2週間とさせていただきます。お好きな時間にご視聴ください。
・ご興味のあるコンテンツを選んでご覧いただけます。
※弊社へのお問い合わせについては、平日9:00~17:30までとさせていただきます。
参加対象 これから最適化技術を実務へ適用しようと検討されている方、適用初期段階からのスキルアップを考えていらっしゃる方、最適化をすでに設計・解析実務に適用し、今後ロバスト設計の実践を検討されている方、従来の実験計画法に基づくロバスト設計からさらにスキルアップを考えていらっしゃる設計・解析実務担当の方
※一部ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダー様にはご参加をご遠慮いただきます。
また、その他弊社都合にてご参加をお断りする場合がございます。
視聴開始までの流れ (1)お申込みは、弊社営業時間内に承ります。お申込み内容の確認、システム登録に2営業日ほどお時間をいただきますので、あらかじめご了承ください。
(2)その後、事務局から「セミナー視聴URL、ログインID、パスワードのご連絡」をE-mailでお送りします。開始日は本ご連絡にてお知らせします。
受講料
(消費税別)
無料
その他 ご視聴ページをご覧いただくためのIDとパスワードを発行いたします。

お申し込み

開催日 開催会場 受講料(消費税別) お申し込み
常時開催 オンライン 無料 お申込み

icon mailお問い合わせ先

IDAJ数値解析アカデミー事務局(理論・実践講座)
株式会社 IDAJ 営業部 idaj-seminar@idaj.co.jp
横浜本社 TEL: 045-683-1990 FAX: 045-683-1999
中部支社 TEL: 052-569-2581 FAX: 052-569-2582
関西支社 TEL: 078-389-5470 FAX: 078-389-5472
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求