AcademyIDAJ数値解析アカデミー

受講/利用規約・キャンセル規定

1. IDAJ数値解析アカデミー 各種無償セミナー受講規約

本IDAJ数値解析アカデミー 各種無償セミナー受講規約(以下「本規約」という)は、株式会社IDAJ(以下「IDAJ」という)がお客様に提供するIDAJ数値解析アカデミーの内、無償でご受講いただける無償の各種セミナー(以下「本セミナー」といいます)の利用条件について定めるものです。IDAJは、本規約に従って、お客様に本講習会を提供します。
第1条(目的)
本規約は、IDAJがお客様に提供する本セミナーのうち、各種のコンテンツについて共通する基本事項を定めるものです。お客様の選択されたコンテンツに本規約と異なる利用条件が設定されている場合は、当該異なる利用条件が本規約に優先して適用されます。
第2条(本サービスの内容)
本セミナーは、IDAJが作成したコンテンツを、IDAJが指定する会場に集合して、またはインターネット上にてオンライン形式でお客様に提供するものです。コンテンツによってはテキスト・マニュアル等の印刷物(以下、「印刷テキスト類」という)の物理的な提供を伴うものがあります。
第3条(受講申込み)
本セミナーの受講を希望するお客様は、本規約の内容に同意のうえ、IDAJ所定の申込方法により、本セミナーの受講申込みを行うものとします。
  1. お客様からの本講習会受講申込みを受け、IDAJの「受理案内」メールの送信をもって、お客様とIDAJとの間で本講習会の受講合意が成立するものとします。
  2. お客様が次のいずれかの事由の一に該当するとIDAJが判断した場合、IDAJはお客様からの受講申込みを承諾しないことがあります。
    1. 受講申込みの内容に記載漏れがある場合
    2. 受講申込みの内容に虚偽の事項が記載されている場合
    3. IDAJがIDAJの競合他社と判断した場合
    4. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき、お客様に対する本講習会の提供が不適切と判断した場合
第4条(オンライン形式で実施する無償の本セミナーの提供開始)
IDAJは、受講合意成立後、合理的な期間内に、本講習会を受講するために必要なアクセスURL、ID、パスワード等の必要情報をお客様に電子メールにて送付します。
  1. お客様は、前項の必要情報を用いることにより、本講習会を受講することができます。
  2. 印刷テキスト類の提供を伴うコンテンツの場合は、合理的な期間内に、印刷物をお客様が指定された住所へ郵送します。
第5条(申込内容の変更)
お客様は、その氏名・会社名、住所等、本講習会申込時におけるお客様の属性に関する情報が変更になった場合、その旨すみやかにIDAJに届け出るものとします。
  1. お客様が前項の変更手続を怠りまたは誤った内容を届け出たことにより本講習会を受講できなかったとしても、IDAJは一切の責任を負いません。
  2. 第3条第3項の定めは、申込内容の変更時にも適応されるものものとします。
第6条(ID・パスワードの管理等)
お客様は、オンライン形式で実施する無償の本セミナーの受講に必要なアクセスURL、ID・パスワード等の必要情報を善良なる管理者の注意をもって管理するものとし、第三者に開示、譲渡、貸与、共有、公開等をしてはなりません。お客様が本項に違反した場合、IDAJはお客様に対して損害賠償を請求する権利を有します。
  1. 本講習会の受講に必要なコンピュータ環境、インターネット接続回線等については、お客様ご自身で調達・管理するものとします。
第7条(受講可能地域)
お客様は、本講習会を日本国内でのみ受講するものとします。
第8条(受講期間)
お客様は、トレーニングコンテンツごとにIDAJが定める特定の日程・時間内において、本講習会を受講することができます。
当該期間経過後は、発行されたID、パスワード等を用いても本講習会は受講できません。
第9条(禁止事項)
本条件に定めるほか、お客様は、本講習会の受講に際して以下の行為または試みてはなりません。
  1. IDAJの事前の承諾なしに、第三者に本講習会を受講させる、または受講可能にする行為
  2. 本講習会の録画や録音、または画面を撮影またはキャプチャして保存する行為
  3. 本講習会に関連するドキュメントやプログラム等の著作物の全部または一部を解析、修正、改変しまたは第三者に対して譲渡、貸与、公開、公衆送信する行為
  4. Web会議システムやネットワーク環境にむやみに過大な負担を与える行為
  5. 本講習会の内容・形式に依拠した新たなコンテンツを作成する行為
  6. 本講習会または本講習会の内容に依拠して作成したコンテンツを用いて、本講習会に類似した営業行為を行うこと
  7. お申込人数を超える人数での受講または聴講する行為
  8. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき不適切と判断する行為
第10条(知的財産権)
お客様が本規約に基づき取得するのは、本規約の定めに従って本講習会を受講する権利のみであって、本講習会に関わる著作権、特許権、商標権その他の知的財産権をIDAJから譲り受けるものではありません。
第11条(保証)
IDAJは、Web会議システムやインターネット接続回線におけるバグ・エラー等の不具合の不存在、本講習会およびトレーニングコンテンツの内容上の正確性・最新性、第三者の知的財産権の不侵害、お客様の特定の利用目的との適合性その他の事項に関して、いかなる保証をも否定します。
第12条(反社会的勢力の排除)
お客様およびIDAJは、自己が個人であると団体であるとを問わず、以下の各号に掲げる事項を誓約するものとします。
  1. お客様、お客様の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力(「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」で定義される暴力団およびその関係団体等をいう)でないこと、または過去に反社会的勢力でなかったこと
  2. 自己の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力に対して資金提供、便宜供与、あっせん等の協力を行っていないこと
  3. 相手方または第三者に対して、自己が反社会的勢力である旨伝えまたは暴力的・脅迫的言辞を用いないこと
第13条(本規約の変更等)
IDAJは、必要に応じて本条件を変更することがあります。その場合、お客様が変更後の本条件の存在および内容を認識しているか否かに関わらず、変更後の本条件の定めが適用されるものとします。
第14条(不可抗力)
規約に定めるほか、天変地異、戦争、暴動、内乱、法令の制定・改廃、公権力による命令・処分、争議行為、輸送機関・通信回線の事故等の不可抗力による本講習会の全部または一部の履行遅滞または履行不能について、IDAJは一切の責任を負いません。
以上

制定日:令和2年7月17日

2. IDAJ数値解析アカデミー 来場型有償講習会利用規約

本IDAJ数値解析アカデミー 来場型有償講習会利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社IDAJ(以下「IDAJ」という)がお客様に提供するIDAJ数値解析アカデミーの各セミナーの内、IDAJが指定する会場に集合して実施する有償型講習会(以下「本講習会」といいます)の利用条件について定めるものです。IDAJは、本規約に従って、お客様に本講習会を提供します。
第1条(目的)
本規約は、IDAJがお客様に提供する本講習会のうち、各種のトレーニングコンテンツについて共通する基本事項を定めるものです。お客様の選択されたトレーニングコンテンツに本規約と異なる利用条件が設定されている場合は、当該異なる利用条件が本規約に優先して適用されます。
第2条(本サービスの内容)
本講習会は、IDAJが作成したトレーニングコンテンツをお客様に提供するものです。トレーニングコンテンツによってはテキスト・マニュアル等の印刷物(以下、「印刷テキスト類」という)の物理的な提供を伴うものがあります。
第3条(受講申込み)
本講習会の受講を希望するお客様は、本規約の内容に同意のうえ、IDAJ所定の申込方法により、本講習会の受講申込みを行うものとします。
  1. お客様からの本講習会受講申込みを受け、IDAJの「受理案内」メールの送信をもって、お客様とIDAJとの間で本講習会の受講契約が成立するものとします。
  2. お客様が次のいずれかの事由の一に該当するとIDAJが判断した場合、IDAJはお客様からの受講申込みを承諾しないことがあります。
    1. 受講申込みの内容に記載漏れがある場合
    2. 受講申込みの内容に虚偽の事項が記載されている場合
    3. IDAJがお客様より本講習会料金の支払いを受けることが不可能または著しく困難と判断した場合
    4. IDAJがIDAJの競合他社と判断した場合
    5. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき、お客様に対する本講習会の提供が不適切と判断した場合
第4条(申込内容の変更)
お客様は、その氏名・会社名、住所等、本講習会申込時におけるお客様の属性に関する情報が変更になった場合、その旨すみやかにIDAJに届け出るものとします。
  1. お客様が前項の変更手続を怠りまたは誤った内容を届け出たことにより本講習会を受講できなかったとしても、IDAJは一切の責任を負いません。
  2. 第3条第3項の定めは、申込内容の変更時にも適応されるものとします。
第5条(支払い)
お客様は、IDAJ所定の料金体系および支払方法により、本講習会の受講料をIDAJに支払うものとします。
第6条(遅延損害金)
お客様が受講料の支払いを怠った場合の遅延損害金は、受講料の支払期日の翌日から完済した日までの日数に応じて、年利15%をもって算定するものとします。
第7条(禁止事項)
本条件に定めるほか、お客様は、本講習会の受講に際して以下の行為をしまたは試みてはなりません。
  1. IDAJの事前の承諾なしに、有償であると無償であるとを問わず、第三者に本講習会を受講させる、または受講可能にする行為
  2. 本講習会の録画や録音、または写真撮影する行為
  3. 本講習会に関連するドキュメントやプログラム等の著作物の全部または一部を解析、修正、改変しまたは第三者に対して譲渡、貸与、公開、公衆送信する行為
  4. 本講習会の内容・形式に依拠した新たなコンテンツを作成する行為
  5. 本講習会または本講習会の内容に依拠して作成したコンテンツを用いて、本講習会に類似した営業行為を行うこと
  6. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき不適切と判断する行為
第8条(知的財産権)
お客様が本規約に基づき取得するのは、本規約の定めに従って本講習会を受講する権利のみであって、本講習会に関わる著作権、特許権、商標権その他の知的財産権をIDAJから譲り受けるものではありません。
第9条(保証)
IDAJは、本講習会およびトレーニングコンテンツの内容上の正確性・最新性、第三者の知的財産権の不侵害、お客様の特定の利用目的との適合性その他の事項に関して、いかなる保証をも否定します。
第10条(解除)
お客様は、本講習会で定めたキャンセル料が無料の期日を経過した後は、本講習会の受講をキャンセルすることはできません。
  1. IDAJは、お客様が次の各号の一に該当する場合、直ちに本講習会の提供を停止することができます。
    1. 正当な理由なく本規約に違反し、催告されたにもかかわらず当該違反を是正しなかったとき
    2. 破産、民事再生もしくは会社更生の手続きをなし、または第三者からこれらの申立てを受けたとき
    3. 仮差押え、強制執行または滞納処分を受けたとき
    4. 債務超過に至ったとき、または支払不能に陥ったときもしくは不渡手形処分を受けたとき、その他信用不安事由が生じたとき
    5. 営業の停止または取消処分を受けたとき
    6. 前各号に準ずる重大な事由が発生したとき
第11条(権利義務の譲渡禁止)
お客様は、本規約に定める権利・義務の全部または一部を第三者に譲渡しまたは担保提供することはできません。但し、IDAJの書面による事前の承諾を得た場合はこの限りではありません。
第12条(反社会的勢力の排除)
お客様およびIDAJは、自己が個人であると団体であるとを問わず、以下の各号に掲げる事項を誓約するものとします。
  1. お客様、お客様の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力(「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」で定義される暴力団およびその関係団体等をいう)でないこと、または過去に反社会的勢力でなかったこと
  2. 自己の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力に対して資金提供、便宜供与、あっせん等の協力を行っていないこと
  3. 相手方または第三者に対して、自己が反社会的勢力である旨伝えまたは暴力的・脅迫的言辞を用いないこと
第13条(本規約の変更等)
IDAJは、必要に応じて本条件を変更することがあります。その場合、お客様が変更後の本条件の存在および内容を認識しているか否かに関わらず、変更後の本条件の定めが適用されるものとします。
第14条(不可抗力)
規約に定めるほか、天変地異、戦争、暴動、内乱、法令の制定・改廃、公権力による命令・処分、争議行為、輸送機関・通信回線の事故等の不可抗力による本講習会の全部または一部の履行遅滞または履行不能について、IDAJは一切の責任を負いません。
第15条(合意管轄)
本規約は、日本国の法律に準拠します。本規約のいずれかの規定の全部または一部が法令等に抵触することにより無効とされまたは取消しされる場合であっても、当該定めを除く他の規定は引き続き有効なものとしてお客様とIDAJに適用されることを確認します。本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。
第16条(疑義および合意管轄)
規約の解釈に関する疑義または定めのない事項については、本講習会提供の本旨に則って、お客様とIDAJとで協議のうえ解決を図るものとします。
以上

制定日:令和2年7月17日

IDAJ数値解析アカデミー 来場型有償講習会キャンセルポリシー

IDAJ数値解析アカデミーの各セミナーの内、IDAJが指定する会場に集合して実施する有償型講習会(以下「本講習会」といいます)申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされる際は、必ずidaj-training@idaj.co.jpまたは本講習会Webページに記載の事務局までご連絡ください。
なお、キャンセル規定に基づきキャンセル料が発生することがございます。
  • キャンセル規定、キャンセル料
    本講習会Webページに記載しております。キャンセル料が発生する場合は、別途請求書を発行させていただきます。
  • 代理受講について
    当日都合が悪くなり受講できなくなった場合、代理の方のご受講も可能です。お手数ではございますが、開催日の1営業日前までに必ずidaj-training@idaj.co.jpまたは本講習会Webページに記載の事務局までご連絡ください。
  • 弊社都合によるセミナー日時変更の場合
    メールあるいはお電話にてご連絡を致します。
    変更日時のご連絡をした際に再度、参加・不参加の確認をさせていただき、不参加の場合の受講料は請求いたしません。
  • セミナー中止の場合
    弊社都合により(開催人数未達の場合など)セミナー当日7日前までにメールあるいはお電話にてご連絡を致します。
    なお、当社からセミナー日時変更・中止の連絡がない限り、台風・大雨・降雪など天災の事由によりキャンセルをされる場合もキャンセル料の対象となります。

制定日:令和2年7月17日

3. IDAJ数値解析アカデミー オンライン型有償講習会利用規約

本IDAJ数値解析アカデミー オンライン型有償講習会利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社IDAJ(以下「IDAJ」という)がお客様に提供するIDAJ数値解析アカデミーの各セミナーの内、オンライン形式で実施する有償型講習会(以下「本講習会」といいます)の利用条件について定めるものです。IDAJは、本規約に従って、お客様に本講習会を提供します。
第1条(目的)
本規約は、IDAJがお客様に提供する本講習会のうち、各種のトレーニングコンテンツについて共通する基本事項を定めるものです。お客様の選択されたトレーニングコンテンツに本規約と異なる利用条件が設定されている場合は、当該異なる利用条件が本規約に優先して適用されます。
第2条(本サービスの内容)
本講習会は、Microsoftの提供するアプリケーションTeamsその他のWeb会議システム(以下、総称して「Web会議システム」という)を用いて、IDAJが作成したトレーニングコンテンツをインターネット上にてオンライン形式でお客様に提供するものです。トレーニングコンテンツによってはテキスト・マニュアル等の印刷物(以下、「印刷テキスト類」という)の物理的な提供を伴うものがあります。
第3条(受講申込み)
本講習会の受講を希望するお客様は、本規約の内容に同意のうえ、IDAJ所定の申込方法により、本講習会の受講申込みを行うものとします。
  1. お客様からの本講習会受講申込みを受け、IDAJの「受理案内」メールの送信をもって、お客様とIDAJとの間で本講習会の受講契約が成立するものとします。
  2. お客様が次のいずれかの事由の一に該当するとIDAJが判断した場合、IDAJはお客様からの受講申込みを承諾しないことがあります。
    1. 受講申込みの内容に記載漏れがある場合
    2. 受講申込みの内容に虚偽の事項が記載されている場合
    3. IDAJがお客様より本講習会料金の支払いを受けることが不可能または著しく困難と判断した場合
    4. IDAJがIDAJの競合他社と判断した場合
    5. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき、お客様に対する本講習会の提供が不適切と判断した場合
第4条(本講習会の提供開始)
IDAJは、お客様から本講習会の受講申込みを受領後、合理的な期間内に、本講習会を受講するために必要なアクセスURL、ID、パスワード等の必要情報をお客様に電子メールにて送付します。
  1. お客様は、前項の必要情報を用いることにより、本講習会を受講することができます。
  2. 印刷テキスト類の提供を伴うトレーニングコンテンツの場合は、合理的な期間内に、印刷物をお客様が指定された住所へ郵送します。
第5条(申込内容の変更)
お客様は、その氏名・会社名、住所等、本講習会申込時におけるお客様の属性に関する情報が変更になった場合、その旨すみやかにIDAJに届け出るものとします。
  1. お客様が前項の変更手続を怠りまたは誤った内容を届け出たことにより本講習会を受講できなかったとしても、IDAJは一切の責任を負いません。
  2. 第3条第3項の定めは、申込内容の変更時にも適応されるものとします。
第6条(ID・パスワードの管理等)
お客様は、本講習会の受講に必要なアクセスURL、ID・パスワード等の必要情報を善良なる管理者の注意をもって管理するものとし、第三者に開示、譲渡、貸与、共有、公開等をしてはなりません。お客様が本項に違反した場合、IDAJはお客様に対して損害賠償を請求する権利を有します。
  1. 本講習会の受講に必要なコンピュータ環境、インターネット接続回線等については、お客様ご自身で調達・管理するものとします。
第7条(受講可能地域)
お客様は、本講習会を日本国内でのみ受講するものとします。
第8条(受講期間)
お客様は、トレーニングコンテンツごとにIDAJが定める特定の日程・時間内において、本講習会を受講することができます。
当該期間経過後は、発行されたID、パスワード等を用いても本講習会は受講できません。
第9条(支払い)
お客様は、IDAJ所定の料金体系および支払方法により、本講習会の受講料をIDAJに支払うものとします。
  1. Web会議システムまたはインターネット接続回線等に不具合が発生し、お客様が一時的に本講習会を受講できない場合であっても、お客様は受講料の支払いを免責されないものとします。
第10条(遅延損害金)
お客様が受講料の支払いを怠った場合の遅延損害金は、受講料の支払期日の翌日から完済した日までの日数に応じて、年利15%をもって算定するものとします。
第11条(禁止事項)
本条件に定めるほか、お客様は、本講習会の受講に際して以下の行為または試みてはなりません。
  1. IDAJの事前の承諾なしに、有償であると無償であるとを問わず、第三者に本講習会を受講させる、または受講可能にする行為
  2. 本講習会の録画や録音、または画面を撮影またはキャプチャして保存する行為
  3. 本講習会に関連するドキュメントやプログラム等の著作物の全部または一部を解析、修正、改変しまたは第三者に対して譲渡、貸与、公開、公衆送信する行為
  4. Web会議システムやネットワーク環境にむやみに過大な負担を与える行為
  5. 本講習会の内容・形式に依拠した新たなコンテンツを作成する行為
  6. 本講習会または本講習会の内容に依拠して作成したコンテンツを用いて、本講習会に類似した営業行為を行うこと
  7. お申込人数を超える人数での受講または聴講する行為
  8. 前各号のほか、IDAJが合理的理由に基づき不適切と判断する行為
第12条(中断または延期)
本講習会の提供に重大かつ深刻なシステム上の障害が発生する恐れが生じた場合または発生した場合、IDAJはお客様に対する事前の通知なしに、本講習会の提供を一時中断または延期することができます。
第13条(本講習会の仕様変更)
IDAJは、専ら自己の裁量に基づき、本講習会の仕様変更をお客様に事前の予告なく実施することがあります。
第14条(知的財産権)
お客様が本規約に基づき取得するのは、本規約の定めに従って本講習会を受講する権利のみであって、本講習会に関わる著作権、特許権、商標権その他の知的財産権をIDAJから譲り受けるものではありません。
第15条(保証)
IDAJは、Web会議システムやインターネット接続回線におけるバグ・エラー等の不具合の不存在、本講習会およびトレーニングコンテンツの内容上の正確性・最新性、第三者の知的財産権の不侵害、お客様の特定の利用目的との適合性その他の事項に関して、いかなる保証をも否定します。
第16条(瑕疵担保責任)
本講習会の提供に際して、Web会議システムにバグ、エラーその他の不具合が生じ、または本講習会に関するデータを送受信するネットワーク設備(お客様およびIDAJ以外の第三者が保有・管理する高速インターネット接続回線網を除く)に障害が発生した場合、IDAJは最大限の努力をもって当該不具合および障害の修正・復旧に努めるものとし、これをもってIDAJが本講習会をお客様に提供するうえで負担する瑕疵担保責任のすべてとします。
第17条(解除)
お客様は、本講習会で定めたキャンセル料が無料の期日を経過した後は、本講習会の受講をキャンセルすることはできません。
  1. IDAJは、お客様が次の各号の一に該当する場合、直ちに本講習会の提供を停止することができます。
    1. 正当な理由なく本規約に違反し、催告されたにもかかわらず当該違反を是正しなかったとき
    2. 破産、民事再生もしくは会社更生の手続きをなし、または第三者からこれらの申立てを受けたとき
    3. 仮差押え、強制執行または滞納処分を受けたとき
    4. 債務超過に至ったとき、または支払不能に陥ったときもしくは不渡手形処分を受けたとき、その他信用不安事由が生じたとき
    5. 営業の停止または取消処分を受けたとき
    6. 前各号に準ずる重大な事由が発生したとき
第18条(権利義務の譲渡禁止)
お客様は、本規約に定める権利・義務の全部または一部を第三者に譲渡しまたは担保提供することはできません。但し、IDAJの書面による事前の承諾を得た場合はこの限りではありません。
第19条(反社会的勢力の排除)
お客様およびIDAJは、自己が個人であると団体であるとを問わず、以下の各号に掲げる事項を誓約するものとします。
  • お客様、お客様の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力(「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」で定義される暴力団およびその関係団体等をいう)でないこと、または過去に反社会的勢力でなかったこと
  • 自己の代表者または実質的な経営権を有する者が反社会的勢力に対して資金提供、便宜供与、あっせん等の協力を行っていないこと
  • 相手方または第三者に対して、自己が反社会的勢力である旨伝えまたは暴力的・脅迫的言辞を用いないこと
第20条(本規約の変更等)
IDAJは、必要に応じて本条件を変更することがあります。その場合、お客様が変更後の本条件の存在および内容を認識しているか否かに関わらず、変更後の本条件の定めが適用されるものとします。
第21条(不可抗力)
規約に定めるほか、天変地異、戦争、暴動、内乱、法令の制定・改廃、公権力による命令・処分、争議行為、輸送機関・通信回線の事故等の不可抗力による本講習会の全部または一部の履行遅滞または履行不能について、IDAJは一切の責任を負いません。
第22条(合意管轄)
本規約は、日本国の法律に準拠します。本規約のいずれかの規定の全部または一部が法令等に抵触することにより無効とされまたは取消しされる場合であっても、当該定めを除く他の規定は引き続き有効なものとしてお客様とIDAJに適用されることを確認します。本契約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。
第23条(疑義および合意管轄)
規約の解釈に関する疑義または定めのない事項については、本講習会提供の本旨に則って、お客様とIDAJとで協議のうえ解決を図るものとします。
以上

制定日:令和2年7月17日

IDAJ数値解析アカデミー オンライン型有償講習会キャンセルポリシー

IDAJ数値解析アカデミーの各セミナーの内、オンライン形式で実施する有償型講習会(以下「本講習会」といいます)申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされる際は、必ずidaj-training@idaj.co.jpまたは本講習会Webページに記載の事務局までご連絡ください。
なお、キャンセル規定に基づきキャンセル料が発生することがございます。
  • キャンセル規定、キャンセル料
    本講習会Webページに記載しております。キャンセル料が発生する場合は、別途請求書を発行させていただきます。
  • 代理受講について
    当日都合が悪くなり受講できなくなった場合、代理の方のご受講も可能です。お手数ではございますが、開催日の1営業日前までに必ずidaj-training@idaj.co.jpまたは本講習会Webページに記載の事務局までご連絡ください。
  • 弊社都合によるセミナー日時変更の場合
    メールあるいはお電話にてご連絡を致します。
    変更日時のご連絡をした際に再度、参加・不参加の確認をさせていただき、不参加の場合の受講料は請求いたしません。
  • セミナー中止の場合
    弊社都合により(開催人数未達の場合など)セミナー当日7日前までにメールあるいはお電話にてご連絡を致します。
    なお、当社からセミナー日時変更・中止の連絡がない限り、台風・大雨・降雪など天災の事由によりキャンセルをされる場合もキャンセル料の対象となります。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。
制定日:令和2年7月17日
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求