IDAJ

Product製品情報

Simcenter Flotherm電子機器専用熱設計支援ツール

特徴

直感的なモデル作成機能

電子機器に特化した多種の形状テンプレート

ヒートシンクやファン、プリント基板、パッケージ部品など、電子機器特有の形状テンプレートが多数搭載されています。これらのテンプレートを、マウスを用いて組み合わせることで、簡単に熱流体モデルを作成することができます。

電子機器に特化した多種の形状テンプレート

豊富な形状・物性ライブラリ

インストールされた時点で約1,000種類以上のライブラリをご利用いただけます。しかもファンやヒートシンク、熱伝導シート、フェイズチェンジマテリアルなどの形状モデルは各メーカーの公表している型番で、銅やFR4などの材料特性は各々の材料名でと、設計者の方が認識しやすい名称で登録されています。

豊富な形状・物性ライブラリ

基板CADデータ、メカCADデータの取り込み機能

Xpedition(Mentor Graphics社製)、CR-5000 Board Designer(図研社製)、Allegro(Cadence社製) といった基板CADアプリケーションから出力されたデータを取り込むことができます。基板の層構造や配線パターン、層間ビアを詳細にモデル化することができるため、より精度の高い解析を実施することができます。また、各種メカCADとのインターフェース(オプション)を用いれば、筐体形状など 3次元形状を取り込むことができます。

基板CADデータ、メカCADデータの取り込み機能

Simcenter Flotherm Packで作成した半導体パッケージモデルの利用

Simcenter Flotherm Packを用いて作成した、半導体パッケージの詳細モデル、2抵抗モデル、DELPHIモデルを解析モデルに取り込むことができます。

Simcenter Flotherm Packで作成した半導体パッケージモデルの利用

一瞬で完了する完全自動メッシュ作成機能

Simcenter Flothermは、完全自動メッシュを採用しており、形状作成と同時に生成される解析メッシュは、詳細度を「粗い」、「中間」、「詳細」と3段階から選択するだけで設定が完了します。 さらに、任意の部品周りにだけに細かいメッシュを設定する「局所メッシュ」機能や、モデルの形状や位置の変更に応じて自動的にメッシュが再作成される「オブジェクト指向メッシュ」も採用されています。局所メッシュの設定では部分的な重なりの設定が許容されており、柔軟な設定が可能です。また、形状変更とメッシュ再生成が一度に、しかも自動的に行なわれるため、多くのモデルの解析を効率良く実施できます。

一瞬で完了する完全自動メッシュ作成機能

電子機器に特化した高速ソルバー

Simcenter Flothermに搭載された少メモリの高精度ソルバーは、自然対流も安定的に解き、長時間の過渡計算も高速に解きます。また、形状変更後の解析は、変更前の結果からの続きとして行なわれるので、より短い時間で新たな結果を得ることができます。

電子機器の設計を意識した結果処理機能

解析結果処理は、可視化専用のウインドウを用いて行います。固体表面の温度分布や任意断面での温度、速度分布、さらにファンなどからの流跡線を表示することができます。また、形状や流体を伝わる熱流束や放熱経路のボトルネックを表示することもできるなど、熱設計に有効な結果を得ることができます。 もちろん、モデル内の各物理量の値はデジタル値として確認でき、csvファイルとして出力することも可能です。

電子機器の設計を意識した結果処理機能

パラメトリック解析・単目的最適化機能

ヒートシンクのフィン枚数や発熱量など、Simcenter Flothermで設定できる変数をパラメータとしたパラメトリック解析の実施が可能です。ユーザーは『○○の値を△~□ [mm]の間で変更』の要領で設定するだけで、Simcenter Flothermが自動的に『形状変更・メッシュ再生成 ⇒ 解析自動連続実行』を行なうため、多くの形状の比較検討を効率的に行うことができます。また、単目的の最適化機能も装備していますので、目的の条件にみあう最適なケースを自動的に選び出すことができます。

パラメトリック解析・単目的最適化機能

ジュール発熱解析機能

複数のオブジェクトで構成された部品に対し、電流や電圧の入出力箇所を設定するだけで、固体の電流、電圧、ジュール発熱分布を計算することができます。

ユーザーサポートセンター 無料で資料請求