AcademyIDAJ数値解析アカデミー

塑性の物理と弾塑性解析の基礎(1日間)

塑性の素過程となる転位論や、弾塑性解析の理論をわかりやすくご紹介。

本セミナーは終了いたしました。

材料に、ある大きさを超える荷重を負荷すると、格子は初期の整った配置を維持できなくなり、欠陥が発生します。原子はエネルギー的に安定なところへ動くため、転位という現象を引き起こします。この転位が生じると、荷重をゼロにしても元の配置に戻らなくなる、これが塑性変形の素過程です。
今回は特別に、大阪大学大学院 渋谷陽二教授をお招きし、塑性の素過程を含めた塑性力学の基礎理論を講義していただきます。
非線形構造解析における金属の弾塑性解析は、SIMULIA Abaqus FEAなどのソフトウェアの充実により、簡単に行えるようになりましたが、オプションの設定などにおいていくつか注意すべき点があります。Abaqusを用いた例題を元に、実践的な使用方法も解説します。(例題の演習は行わず座学のみとなります。)
今後の非線形構造解析を適用する設計業務に、有益な情報をご提供します。

プログラム・講演内容(予定)

※スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。何卒ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

午前 塑性の物理と塑性力学の基礎(渋谷先生)
塑性変形の挙動は線欠陥の転位の運動に帰着される。欠陥間の相互作用からマクロな塑性変形を記述するには、時空間の大きなスケールギャップが存在するが、その基本特性を理解することは、材料の変形や強化の理解の深化につながる。本講では、塑性の物理として転位の振る舞いについて述べ、連続体力学に基づく塑性力学の基礎について講述する。
午後 弾塑性解析の基礎(IDAJ)
弾塑性解析の具体的な例題に対する、統合有限要素法SIMULIA Abaqus FEAによる事例紹介。
引張試験のデータ整理
硬化則による違い
薄肉円管の引張とねじりモデル
厚肉円筒の塑性モデル
UMATによるvon Misesモデルの使用例

 

配布資料

テキスト1冊・サンプルデータ(CD-ROM)1枚
※テキストはご参加いただいた方へお配りしております。テキストのみの送付は行っておりません。

開催概要

開催時間 10:00~17:00(予定) ※受付開始9:30~
参加対象 弾塑性材料を含めた非線形構造解析を検討されている方
※一部ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダー様はご参加をご遠慮いただきます。 また、その他弊社都合にてご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
受講料 ¥30,000 (消費税別)
その他 ・弊社より、SIMULIA Abaqus FEAをご購入いただいているお客様には、特別料金を設定しております。
詳細は、下記事務局までお問い合わせください。
・2日間通しての内容であるため、いずれか1日のみのご参加はお受けいたしかねます。
※例題等の演習は行わず座学のみとなります。

icon mailお問い合わせ先

トレーニング講座
株式会社 IDAJ 営業部 idaj-training@idaj.co.jp
横浜本社 TEL: 045-683-1980 FAX: 045-683-1999
中部支社 TEL: 052-569-2581 FAX: 052-569-2582
関西支社 TEL: 078-384-5325 FAX: 078-384-5336
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求