AcademyIDAJ数値解析アカデミー

ゴム材料モデルの理論と実践(2日間)

ゴム材料モデルの基礎理論と実践実例を、実験方法も含めて解説

本セミナーは終了いたしました。

ゴム材料を有限要素法で解析する場合、通常の線形弾性の材料とは異なり、ひずみエネルギー関数という概念が導入されます。そのひずみエネルギー関数は、数学的に様々なモデルが用意されており、そのそれぞれに長所・短所があります。
セミナーでは、様々なひずみエネルギー関数の歴史的背景とその使用方法および実践的な例題についてご説明します。(例題の演習は行わず座学のみとなります。)
さらに、ゴム材料の材料物性値を同定するためには、単純な引張試験のみではなく二軸試験を必要とします。今回は特別に、ゴム材料の材料試験の研究に長年携っておられる、滋賀県立大学 山下義裕先生をお招きしてご講義いただきます。

プログラム・講演内容(予定)

※スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。何卒ご了承賜わりますようお願い申し上げます。

1日目 <午前>
ひずみエネルギー関数の基礎(IDAJ)
・高分子の物性論
・伸長比と不変量
<午後>
超弾性体CAE解析のためのゴムの二軸変形試験の実際(山下先生)
・ゴムの「CAE解析になぜ二軸変形試験が必要なのか」の学術的背景
・ゴムの二軸試験の実際の試験方法
・ゴムの二軸試験の利点と課題
・Moony-Rivlinモデル式が生まれた背景とその問題点
・Ogdenモデル式のパラメータを自分で求めてみる方法
2日目 <午前>
ゴム材料モデルのFEM解析(IDAJ)
・分子論モデル
・現象論モデル
・収束判定
<午後>
FEM解析事例(IDAJ)
・材料物性値の同定
・圧縮を受けるゴムブッシュ
・ゴムのダメージモデル

 

配布資料

テキスト1冊・サンプルデータ(CD-ROM)1枚
※テキストはご参加いただいた方へお配りしております。テキストのみの送付は行っておりません。

開催概要

開催時間 10:00~17:00(予定) ※受付開始9:30~
参加対象 ゴム材料を含めた非線形構造解析を検討・実施されている方。
実験と解析結果の相違にお困りの方。
※一部ハードウェアベンダー・ソフトウェアベンダー様はご参加をご遠慮いただきます。 また、その他弊社都合にてご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
受講料 ¥60,000 (消費税別)
その他 ・弊社より、SIMULIA Abaqus FEAをご購入いただいているお客様には、特別料金を設定しております。
詳細は、下記事務局までお問い合わせください。
・2日間通しての内容であるため、いずれか1日のみのご参加はお受けいたしかねます。
※例題等の演習は行わず座学のみとなります。

icon mailお問い合わせ先

トレーニング講座
株式会社 IDAJ 営業部 idaj-training@idaj.co.jp
横浜本社 TEL: 045-683-1980 FAX: 045-683-1999
中部支社 TEL: 052-569-2581 FAX: 052-569-2582
関西支社 TEL: 078-384-5325 FAX: 078-384-5336
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求