IDAJ

Product製品情報

デジタルエンジニアリングプラットフォーム

Overview

CAEデータ・ナレッジ管理と自動化プロセスの展開を実現

CADにPLMがあるように、MBD(Mode Based Development:モデルベース開発)の浸透に伴ってCAEにもデータやプロセスを管理する仕組みが求められています。
この仕組みづくりを阻む原因は、以下の通りいくつか挙げられますが、特に、CAEのデータは図面情報とイコールとはならないケースが多く、複雑さや容量の問題からデータ管理が難しいといわれています。

【探せない】
  • CAEモデルや結果データの乱立によって、エクスプローラーではすべてを管理しきれない。
  • ファイル名の命名などといった管理ルールが適用されておらず、過去に解析したはずのデータを探し出せず、同じような解析を再実行している。
【生かせない】
  • 経験者の実施したCAEの手順をトレースしたり、参考情報としたい。
  • 標準化したプロセスを展開したい。
【残せていない】
  • CAEのモデルや結果と、形状データの元となるCADデータのトレーサビリティが確保でいていない。
    • CAEの結果が無くても図面は作成でき、最終成果物として管理されるため、CAEデータと図面情報がイコールにならないケースがある。
    • ひとつの図面を作成するためにCAEによるシミュレーションが複数回行われている。
    • いつ、誰が、なぜこの解析を行ったのかという情報が残っていない。

CAEのデータやプロセスをCADデータと同様に管理するには、エクスプローラーやショートカットといったいわゆる文書管理だけでは対応できません。特にプロセスの管理は、その工程に関連する「やるべきこと」、「重要なこと=ポイント」、「参考情報」などがグループ化され、取り出しやすく、かつユーザーが理解できるように管理されなければなりません。

そこでIDAJでは、お客様の目的にあわせたデジタルエンジニアリングプラットフォームとして、以下の2つのソリューションをご提案します。
Aras Innovatorを利用してお客様のCAEデータやナレッジを管理する仕組み、CAEプロセスをパッケージ化してWebアプリとして登録し、設計者展開を可能にするプラットフォーム、これらを活用することによってものづくりプロセスの効率化を図り、生産性向上に貢献することを目指します。

  • お客様のCAEデータやナレッジを管理する仕組み Aras Innovatorページへ
  • CAEプロセスをパッケージ化。Webアプリとして登録し、設計者展開を可能にするプラットフォーム EASAページへ
ユーザーサポートセンター 無料で資料請求